輸入車車検修理

車検でお預かりのアルファブレラにドライブレコーダー取付のご依頼を頂きました。

取り付ける製品は、価格、品質共に満足度の高いコムテック製です。

 

 

 

 

 

右ピラーカバーと足元のパネルカバーを外して配線を取り回し、ソケット変換を使ってAAC及びアースを接続します、これで配線も隠せてスッキリします。

 

 

 

 

 

もはやカーパーツとして欠かせない存在となったドラレコですね、かなり安価な海外製の物もありますが壊れやすいのが現状です(当店もいくつか試しましたが自信を持って勧められるものはありませんでした)

車検のお客様にはキャンペーン価格にて取り付けしておりますので、この機会にぜひご依頼くださいませ。

Read more

お客様の車両でフロントバンパーにキズ多数の為交換です。

 

 

 

 

 

バンパーはお客様が中古で購入されたものでわりと優良品でした。

キズの多いものからキレイなバンパーに変わりました。

 

 

 

 

 

いざナンバーを付けようとしたらナンバーボルトがねじ切れた状態で付いていました、そのままでは抜けないのでナンバーベースを外して、ラスペネをたっぷりふりかけて裏からバイスグリップで外しました、ナンバーベースを元通りリベット止めして完了です。

Read more

車検でお預かりしているアウディA1です、デフロスターからの送風が出なくてフロントガラスが曇って困るとの事で修理です。

お客様が事前にディーラーで見てもらいフラップモーター故障と診断されたようなので交換します。

 

 

 

 

 

フラップモーター交換にはダッシュボードを降ろす必要があるため大掛かりな作業となってしまいます。

 

 

 

 

 

想像していたほど時間は掛かりませんでしたが、悲しい事に年齢と共に記憶力に自信がなくなっていくのでちょこちょこ写真を撮ったりしておきます、まあ自信があってもそうしておけば安心ですよね。

 

 

 

 

 

部品を見ると、たったこれだけの部品の為に・・・と思ってしまいますね。

ありがとうございました。

Read more

お客様の車両でボルボC30のヘッドライトバルブ交換です。

右のヘッドライトが点灯しません、HIDの場合バラストの故障も考えられるので正常な中古のバルブを入れ替えて点灯確認でバラストの故障ではない事を確認してあります。

 

 

 

 

 

バルブ交換はヘッドライトを取り外して行います、ヘッドライト取り外しはユニット裏の留めピンを外すだけなので簡単です、あとはカバーを外してバルブ(D2S)を交換するだけ。

左右の色違いが出るので左右共に新品交換します。

 

 

 

 

 

切れたバルブは中央が黒ずんでいます、純正HIDバルブはとても高価なのでお客様と相談のうえ今回は社外品を使用しました。

点灯確認で完了です、ありがとうございました。

Read more

 

お決まりのアルファロメオのヘッドライトの黄ばみを

磨いていきます。綺麗になりました。

600、800、1000、1500、2000、ポリッシャーで約1時間ほどかかりました。

ここ20年前ぐらいからヘッドライトは樹脂製のヘッドライトに代わりました。

そして、ハロゲンランプから進化し、

HIDやLEDと明るいヘッドライトに代わってきました。

ただ、HIDライトは、明るい代わりに熱量もすごくなり

ヘッドライトの樹脂を痛めてしまう為

早い段階で黄ばんできます。

車検時にあまりにも光量がたりないと検査に受かりません。

結局は交換か磨きをしないと行けなくなります。

今のヘッドライトはかなり高価な部品で国産車の

LEDヘッドライトでも数十万します。

輸入車は更に倍の値段がかかる部品も多いので

丁重に扱うことをお勧めします。

 

以外に見た目以上に時間がかかる作業ですが、

一回施工しとくと1年2年は大丈夫です。

 

Read more

フィアット500の車検整備です。

 

 

 

 

 

フロントブレーキパッド&ローター交換します、パッドは残2㎜程度、ローターは摩耗が酷く一部欠けもありました。

 

 

 

 

 

国産車ではあまり交換しませんが輸入車のローターは摩耗しやすく、消耗品扱いになりますのである程度摩耗があれば交換します。

 

 

 

 

 

ファンベルトひび割れありで交換しました、その他オイル・フィルター交換、タイヤローテ等しました。

後日、継続車検を通して返車予定です。

 

Read more

こちらは販売車両のアルファロメオ147の納車整備です。

ラジエター本体から冷却水が滲みでているので本体交換です。

 

 

 

 

 

冷却水を抜きながらあれこれ外していきます、フロントバンパー、エアクリーナーBOX、電動ファンetc

 

 

 

 

 

上下ホースを外して、コンデンサーとラジエターを切り離したらラジエターを取り出します。

 

 

 

 

 

上下ホース共に新品交換します、再利用はオススメしません、ラジエターはOEM部品なのでコンデンサーの固定穴の位置が若干違うのでステンレスステーを加工して取付します、シュラウドも多少の加工で取付できます。

 

 

 

 

 

冷却水漏れは左右サイドタンク周辺からでした、残りの整備を済ませて新規検査登録をすれば来週あたりの納車予定です。

ここ最近スタッドレスの注文が増えてきています、毎年の事なのですがスタッドレス購入や付け替えをご検討の方はお早めにご依頼くださいませ。

 

Read more

お客様の車両でプジョー308異音点検修理です、発進時などにゴトゴト異音がするとの事でした。

ギアをDレンジに入れた時や発進時に『ガコッ』と鳴るあの感じです、エンジンマウントを見てみるとゴム片が散らばり損傷しているようでした。

 

 

 

 

 

エンジン向かって左上部のマウントです、真横から見ると中心がずれてしまっています、エンジンをかけてギアをDレンジに入れるとエンジンがガクッとずれます。

 

 

 

 

 

時間のかかる作業ではないので待ち作業で行います、下からエンジンをジャッキで支えてマウントを外します、外したそれは完全に断裂していてマウントの役目を果たしていませんでした。

 

 

 

 

 

新品部品を組み付けて試運転して異音がしない事を確認して完了です。

ありがとうございました。

 

Read more

VWゴルフⅤが冷却水漏れでレッカー入庫しました。

走行中に蒸気がモクモクと上がりラジエター警告灯が点灯したとの事で連絡がありました。

話を聞く限り、冷却系のホース脱落かパイプの破損と容易に想像できます。

 

 

 

 

 

見てみるとやはりヒーターホースからの分岐パイプがポッキリいってました、パイプ系でも特に細いこの部分は良く折れます。

 

 

 

 

 

部品取り寄せに時間が掛かりそうなので、在庫であるウォーターパイプで対応します、この手のパイプやホースはホームセンターで揃えて在庫しておくと何かと便利です。

径や形状が合えば問題なく使えます、冷却水を補充してエア抜き後に漏れがない事を確認して完了です。

ありがとうございました。

Read more

プジョー508SW オイル漏れ修理です。

漏れ箇所はヘッドカバーパッキンからです。

 

 

 

 

 

おなじみのエンジンでエアパイプや補器類を外していきます、前回のBMW1シリーズなどに比べれば外すパーツ点数も少なく作業しやすいですね。

 

 

 

 

 

旧パッキンはカチカチになっていました、漏れはそれほど酷くありませんでしたが、費用的にもそこまで高額ではないので今後の事を考えて交換しておいた方が正解ですね。

作業完了後、漏れの点検と全体的に車両の点検をして完了です。

こちらのお客様もネット検索で当店を知って頂いて初めてご利用頂きました、今後の車検やメンテナンスも任せると言ってもらえたので嬉しい限りです。

今後ともよろしくお願い致します、ありがとうございました。

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。