• 愛知県春日井市のU,CARS

    愛知県春日井市のU,CARS

プジョー207の雨漏り点検とドアロック修理です。

雨が降った後に運転席足元が水浸しになるとの事です。

 

 

 

 

 

フロアカーペットをめくると雨水が溜まっていました、ボディに水を掛けながら運転席周辺を注意深く見ているとブロアダクトあたりからチョロチョロと出てきました。

 

 

 

 

 

となるとバルクヘッド内の水抜き穴が詰まってエアコンフィルターBOXから水が浸入していると思われます、ワイパーブレード、バルクヘッドカバー、ワイパーモーターを外します。

 

 

 

 

 

けっこう水が溜まっていました、詰まりを通して水を抜きます、助手席側は詰まっていないけど念のため綺麗に清掃しておきました。

 

 

 

 

 

左リヤドアの半ドア警告がでてドアロックをかけてもアンロックされてしまうようです、ドアロックアクチュエーターを交換します。今回は中古部品を手配して交換しました、交換後は警告も出なくドアロックもきちんとするようになりました。

ありがとうございました。

Read more

プジョー308のエアインテークパイプ交換とワコーズRECS施工です。

車検時にヘッドカバーを交換する際に、形状変更に伴ってエアインテークパイプも同時交換が望ましいとメーカーからの回答でしたが、パイプ径も合わなくはないのでお客様と相談のうえ再利用したところ、二次エア吸いでチェックランプが付くのでやっぱり交換となりました。

 

 

 

 

 

左の写真が今まで付いていたパイプです、右が新たに付けたパイプで差込口にOリングがありロック式になっていてしっかり入ります、古い方にバンドを使って締めていましたがダメだったようです。

別途ご依頼のワコーズRECSを施工させて頂きました、同時にフューエルワンも注入します。

ありがとうございました。

Read more

フィアット500がオーバーヒートするとの事で入庫です、他店でご購入の車ですが以前よりメンテナンスなどでご利用頂いているお客様です。

見てみるとヒーターホース周辺に冷却水が噴き出した形跡があります、良くあるサーモスタットハウジングのパイプが折れたんだと思いましたが違い、ヒーターホースのエア抜きバルブが飛んでました。

 

 

 

 

 

冷却水漏れしてオーバーヒートしたのか、オーバーヒートしてパンクしたのか確認する為、真水を注入してエア抜きし様子を見ます、水温が上がり電動ファンは回りますが水が循環していないようです。

 

 

 

 

 

サーモスタットを疑いますが、この時はお客様もタイミングベルト・ウォーターポンプ類の交換をした記憶が無いとの事で、念のためウォポン裏のパイプを外してウォポンの状態も確認したところ問題なさそうでした(後日、購入時にタイベル・ウォポン交換をしてもらったと聞きましたが交換ステッカーなどはありませんでした)

サーモスタットとパンクしたヒーターホースを交換します。

 

 

 

 

 

サーモスタットを交換する為にヒーターホースを抜こうとしたら樹脂のパイプが簡単に折れました、それどころかヒーターコア側を抜くときにもヒーターコアに繋がるパイプまでもが折れました・・・

サーモスタットは内部でジグルバルブが折れていて弁のスプリングもずれて外れそうになっていました、オーバーヒートの原因はこれのようですね、新品部品は良く折れる部分が金属製になった対策品になってました、ヒーターコアのパイプはコア一体でしか部品供給が無くヒーターコアごと交換です。

 

 

 

 

 

ヒーターコアは助手席足元のカバーをいくつか外せば交換できます。

ヒーターコアを外して気づいた事が、なんか詰まってます、なんじゃこりゃ??例えるならカニみそのような柔らかい泥のような・・・

 

 

 

 

 

考えられるとすれば冷却水の漏れ止め剤とかでしょうか?お客様に聞いても直近どころか購入してからそういった類のものは入れていないとの事ですので購入以前に入れられたのでしょうか?

 

 

 

 

 

良く見るとヒーターホースの先にも詰まってます、ラジエターやエンジン側には詰まってなくてヒーターラインあたりだけに詰まっているのでオーバーヒートの原因ではなさそうです、これでも冬場ヒーターは効いていたと仰っていました、この詰まりはすべてきれいに取り除いておきます。

 

 

 

 

 

いろいろ追加が出ましたが、のちにトラブルを起こす箇所ばかりなので結果良かったと思います、元通りに組み終えたらWAKOSパワークーラントを注入してエア抜き、冷却水もきちんと循環しました、漏れが無いか確認して完了です。

ありがとうございました。

Read more

プジョー207でエアコンの冷風が出なくなってしまったので修理です、以前から効いたり効かなかったりがあったけど完全に効かなくなってしまったのと事です。

ガス漏れなどの異常は無く、エアコンON状態でもコンプレッサーが作動しません、どうやらサーモスタットの故障で電源が強制カットされているようなので交換します。

 

 

 

 

 

エアダクトやバッテリー、ベースを外してホース類を抜いてハウジングASSYを交換します。

 

 

 

 

 

新しい部品は水温センサーの位置が変わっているので配線の取り廻しを変えます。

すべて組み付けたらクーラント注入、エア抜き、漏れ点検をして完了です、コンプレッサーも作動してエアコンはきちんと効くようになりました。

この季節エアコン無しは耐えられませんよね💦ありがとうございました。

Read more

暑い日が続きますが熱中症などご注意ください、ユーカーズはお盆も元気に営業しております!

アルファロメオ147のエアコンが効かなくなったとの事で修理です。

 

 

 

 

 

クーラーガスは適量、コンプレッサーの電源も入ります、エンジンを止めてコンプレッサープーリーを手で回すとゴリゴリと嫌な音がします、コンプレッサー故障ですね。

 

 

 

 

 

ファンベルトカバー、サイドカバー、ファンベルトを外してコンプレッサーを取り外します。

今回、お客様と相談のうえ中古部品を手配しました、16,000km走行車の部品なのでかなり綺麗で状態が良かったです、Oリングは新品交換です、Oリングが2つで¥3,500程と高くてビックリです。

 

 

 

 

 

交換が終わったら、真空引き、リークテスト、ガスチャージ、WAKOSパワーエアコンプラスも添加しました、エアコンがしっかり冷えるのを確認して完了です。

ありがとうございました。

Read more

プジョー308の車検整備とエンジンオイル漏れ修理です。

 

 

 

 

 

漏れ箇所は毎度おなじみのオイルフィルターハウジングとタービンのオイルデリバリーパイプからです、オイルの焼ける臭いがしてきたら早めの修理が必要です。

 

 

 

 

 

エアダクト類、キャタライザー、タービンを外してフィルターハウジングまで辿り着きます。

 

 

 

 

 

フィルターハウジングのパッキンは例のごとくカリカリ状態です、デリバリーパイプはジョイントのカシメ部分から漏れるので丸ごと交換します。

 

 

 

 

 

タービン下のホース差し込み口のOリングも交換して、ガスケットも同時交換します。

元通り組み付けたらオイル漏れや排気漏れが無いか確認します。

 

 

 

 

 

ファンベルトは縦に裂け始めてたので危なかったですね、オイル・フィルター交換などして車検を通して完了です、ありがとうございました。

 

Read more

日頃は当店を御利用いただきましてありがとうございます。

ユーカーズはお盆期間中も休まず営業いたしております!(月曜定休)

お盆期間中のお車の事故やトラブルなど、緊急連絡先として下記LINE@をご利用頂ければ幸いです(返信、ご連絡のタイムラグが生じます事をご了承ください)

 

お盆期間中もオイル交換や点検など大歓迎です!お気軽にお問い合わせください!

★U,CARS(ユーカーズ)★
〒486-0807
愛知県春日井市大手町4丁目10番地3
tel:0568-33-9938 fax:0568-33-9939
mail:u.cars.japan@gmail.com
open10:00~18:00
Read more

 

今日も暑いところお疲れ様です。

別事業の立ち上げでずいぶんとレストア作業がストップしておりました。

最近ですが、良い溶接機と鉄パイプなど機材が揃ったので修理再開です。

先ずは、サイドシル内の及びジャッキポイント補強用のパイプを加工していきます。

裸の鉄なので当然錆びます。当然錆止め処理をします。

パイプ全長は6mありますが、少し寸法が足りないのと溶接が難しいので

半分にパイプをカットしました。

そして、ジャッキポイントと溶接できる箇所に仮溶接!

ノンガスの溶接機と初めての機種なので上手く溶接できません。

(仮付けでも恥ずかしい溶接なの今回は見せれません!)

後は錆止めを塗っているのではがしてから溶接!

(おいてあるだけでサビは進行してくるので先に錆止めを塗っときました。)

本当ならサビ止めを塗る前に溶接するのが良いのですが、

仕事が入ると作業が進めれない事が多いので、先に錆止め塗ってしまいました。

しかし、今の錆止めやサビの転換剤は非常に優秀で全く錆びていません。

ただこれから溶接していくので熱が加わると酸化するので、

きちっとサビ処理をしないと当然錆びます。

 

後はリアフェンダーの一部を成型していきます。

部品取り車ですが、

丁度いい感じにドアノブが無いのでそこからカット!

大きめに取りました。

カンカンたたいたり万力で曲げたりで

こんな感じに現車にプレスラインを合わせていきます。

 

これをもとのように溶接していきたいのですが!

ジャッキポイントとサイドシルの補強が先ですので

今日の作業はここまで!

以外に大変ですが、やれば出来るものです。

 

家庭電源でも対応出来る溶接機でノンガス半自動溶接機なのですが、

スパッタが多く細かな薄板などの溶接作業にはあまり向かないかな?

ただ100V用も200VもOKな機種なので200V電源用にコードを加工しました。

これぐらいの板厚なら200Vなら余裕で溶接可能です。

ただし溶接ワイヤーの送る速度やトーチの距離感が中々つかめないので

後は慣れるしかないですね。

スパッタが多いせいかワイヤーがすぐに詰まるので

チップは最初から多めに購入しといた方が良いです。

20年振りの溶接で恥ずかしい溶接になりましたが、後は練習あるのみです。

それではまた!

 

 

 

 

Read more

以前、ラジエター交換をした日産セレナですが、今度はエアコンが効かなくなってしまったとの事で修理します。

原因はコンプレッサーの故障です。

 

 

 

 

 

右フロントタイヤ、フェンダーライナー、アンダーカバーを外してコンプレッサーを取り外します、部品はリビルト品を手配しました。

 

 

 

 

 

真空引き、リークテストをしてガス注入後にしっかり効く事を確認して完了です、ありがとうございました。

Read more

フォルクスワーゲンゴルフ6の車検整備と冷却水漏れ修理です。

冷却水が少しづつ減るようになり定期的に補充しているとの事で、漏れの点検修理を車検のついでに依頼されました。

 

 

 

 

 

ゴルフ6と聞いてまず思い浮かぶのがターボチャージャーのタービンへの冷却水デリバリーパイプの付け根からの漏れですがこの車もやはりそうでした、他からの漏れはありませんでした。

 

 

 

 

 

デリバリーパイプのOリングを交換します、付いていたOリングはつぶれて変形しOリングの意味を成していませんでした、パイプを外したタービン側はサビが出ているのでペーパーとブラシでサビ取りしておきます。

エンジンオイルのデリバリーパイプの付け根もオイルが滲んでいたのでこちらのOリングも交換します。

 

 

 

 

 

予防整備でエンジンブロックからタービン下側へのデリバリーパイプのガスケットも交換します。

下側のデリバリーパイプを外すには、エアコンコンプレッサーをずらしてキャタライザーを外します。

 

 

 

 

 

その他オイル・フィルター交換等を終えて車検を通して完了です、ありがとうございました。

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。