2019年8月18日

フィアット500がオーバーヒートするとの事で入庫です、他店でご購入の車ですが以前よりメンテナンスなどでご利用頂いているお客様です。

見てみるとヒーターホース周辺に冷却水が噴き出した形跡があります、良くあるサーモスタットハウジングのパイプが折れたんだと思いましたが違い、ヒーターホースのエア抜きバルブが飛んでました。

 

 

 

 

 

冷却水漏れしてオーバーヒートしたのか、オーバーヒートしてパンクしたのか確認する為、真水を注入してエア抜きし様子を見ます、水温が上がり電動ファンは回りますが水が循環していないようです。

 

 

 

 

 

サーモスタットを疑いますが、この時はお客様もタイミングベルト・ウォーターポンプ類の交換をした記憶が無いとの事で、念のためウォポン裏のパイプを外してウォポンの状態も確認したところ問題なさそうでした(後日、購入時にタイベル・ウォポン交換をしてもらったと聞きましたが交換ステッカーなどはありませんでした)

サーモスタットとパンクしたヒーターホースを交換します。

 

 

 

 

 

サーモスタットを交換する為にヒーターホースを抜こうとしたら樹脂のパイプが簡単に折れました、それどころかヒーターコア側を抜くときにもヒーターコアに繋がるパイプまでもが折れました・・・

サーモスタットは内部でジグルバルブが折れていて弁のスプリングもずれて外れそうになっていました、オーバーヒートの原因はこれのようですね、新品部品は良く折れる部分が金属製になった対策品になってました、ヒーターコアのパイプはコア一体でしか部品供給が無くヒーターコアごと交換です。

 

 

 

 

 

ヒーターコアは助手席足元のカバーをいくつか外せば交換できます。

ヒーターコアを外して気づいた事が、なんか詰まってます、なんじゃこりゃ??例えるならカニみそのような柔らかい泥のような・・・

 

 

 

 

 

考えられるとすれば冷却水の漏れ止め剤とかでしょうか?お客様に聞いても直近どころか購入してからそういった類のものは入れていないとの事ですので購入以前に入れられたのでしょうか?

 

 

 

 

 

良く見るとヒーターホースの先にも詰まってます、ラジエターやエンジン側には詰まってなくてヒーターラインあたりだけに詰まっているのでオーバーヒートの原因ではなさそうです、これでも冬場ヒーターは効いていたと仰っていました、この詰まりはすべてきれいに取り除いておきます。

 

 

 

 

 

いろいろ追加が出ましたが、のちにトラブルを起こす箇所ばかりなので結果良かったと思います、元通りに組み終えたらWAKOSパワークーラントを注入してエア抜き、冷却水もきちんと循環しました、漏れが無いか確認して完了です。

ありがとうございました。

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。