アルファロメオ 1750/2000シリーズ ベルリーナ

 この連休どうすごされましたか?

今日もそうですが、外や炎天下の中お仕事をしている方々

本当にお疲れ様です。

私も年齢のせいなのかこの暑さはさすがに

体調が悪くなり夏に風邪をひいてしまいました。

愛知県や東海地方の夏は毎年気温が高くなっている気がします。

(沖縄より気温が高い!名古屋の湿度の高い暑さと違い

沖縄はカラッとして涼しいのかな?)

気温が上がると車にとっても過酷な条件が多くなってきます。

水温、油温、エアコン、タイヤの空気圧、ベルト関係、センサー類など

そんな事で最近は故障や修理が増えています。

連休もそうですが、これから夏休みで子供や家族で遠方に

車で出かける方が多くなってきます。

特にお盆時期は渋滞で冷却系統には過酷な条件がそろいます。

ラジエターやコンデンサー、オイルクーラーなど冷却しないといけない

ものはバンパー前の風が当たるところ集まってます。

渋滞で冷却系が上手く働かなくなっても電動ファンが

フル回転で仕事をしてくれて冷却しています。

しかし、日頃点検やメンテナンスを怠った車だと

故障に気付かず遠方で故障して最悪止まってしまうと大変です。

念のため出かけるときはもう一度点検をお勧めします。

最近あったのが、この夏にスタッドレスタイヤを付けていたり、

古いバッテリーやオイル交換していなかったりと

事前に見つけて対処した案件がありました。

この中でも夏の炎天下のスタッドレスタイヤは危険でした。

スタッドレスタイヤはそもそも高温の路面には対応できません。

そして雨の時はブレーキも効きずらく、横縦にも滑って危険です。

そもそも寒冷地で性能を発揮する為にタイヤゴムが柔らかくなっています。

タイヤには溝の深さや空気圧以外にコンパウンドが重要です。

(コンパウンドとは=混合物・合成物)

簡単に言えば、タイヤはハードタイヤ、ミディアム、ソフトとあります。

レース用タイヤではないので一般の方にはなじみがないと思いますが、

固いタイヤは高い耐久性で溝が減りにくい反面、グリップ力が乏しい。

ソフトタイヤは転がり抵抗が大きくゴムが溶けやすく路面に張り付くほど

強力なグリップをします。そして雨は苦手です。

そして、ドライ時はタイヤの減りは大きいです。

その両方の良い所がミディアムタイヤです。

市販タイヤは分りにくいので、商業車用の荷物の重さに耐えれるタイヤ、

ミニバンやセダン用の燃費や走行時静かなタイヤ、

スポーツカー向けなどグリップにこだわったタイヤ

など簡単にわかるように販売しているメーカやお店が多いですよね。

タイヤも競技用にはSタイヤがあり、ハイ、ミデイアム、ソフト、

レインタイヤなどにも同じように硬さがあり

雨の多さによって更に種類があります。

そこまではこだわる必要はないのですが、

この炎天下でのスタッドレスはバーストする危険があり

本当に危険ですので必ず交換して下さい。

 

そんな事で、当社はでは、

他店で購入した車でも国産、輸入車、軽自動車、車種は問いませんので

診断機を使ってコンピューターなども含めて

一度点検をしてみてはいかがでしょうか?

点検自体は予約制にはなっていますので一度お問い合わせください。

お盆時期や連休は部品の供給がストップするので

急な修理に対応出来ないので早めにメンテナンステして損はないと思います。

代車も多数ご用意しておりますので時間がかかる事故修理にも対応可能です。

是非、お気軽にお電話、メールでも良いのでご相談ください。

プジョー207です!

(ブログ内容と写真は特に関係ありません!)

懐かしい看板!

Read more

アルファロメオベルリーナのプチレストアですが、

今日はどうしようか悩みましたが、サイドステップの所を磨きました。

腐食部分を取り除いていきます。

Although Alfa Romeo Berliner’s Petit Restore,

I was worried about what to do today, but I polished the side step place.

We will remove corroded parts.

 

 

 

フロントドアも補修をかけています。

まだ道半ばですが、ここからが大変です。

The front door is also being repaired.

It’s still halfway but it’s hard from here.

Read more

昨日に続き今日も暑く過ごしにくい天気です。

梅雨らしいと言えば当たり前なのですが、しかし暑い!

今日はベルリーナのフロアパネルを念のため錆止めを2度塗りしました。

It is difficult for us to spend hot weather the day after yesterday.

Speaking of the rainy season is commonplace, but it is hot, but it is hot!

Today I painted rust inhibitor twice to keep the floor panel of Berliner in mind.

 

 

 

 

 

この時期は錆やすいので急ぎで錆止めを塗っておきました。

次はプラフサ塗装か腐食箇所の切断をしていきます。

Since it is rusty at this time of the year, I applied rust inhibitor in a hurry.

Next, we will cut the corrosion part by paint painting.

 

 

 

 

Read more

最近、プチレストア日記のブログ更新がおろそかになってす。

今日は天気が良いので作業を再開しています。

Recently, updating blog of Petit Restore Diary is neglected.

I am resuming work today because the weather is good.

 

 

 

 

 

運転席側は足もとにペダルがあるので

少し作業がやりにくいですが、

そこ粘り強くがんばりましょう。

そして、何とか錆も取り除き綺麗になってきました。

助手席同様にこのまま鉄板が剥き出しだと新たに錆が発生してしまうので

作業が終了したらすぐにシリコンオフで脱脂して錆止めを塗りました。

 

 

 

 

 

次はマスキングしてプラフサ塗装していきます。

Next is masking and paint paint finishing.

 

 

Read more

こんばんわ!

ベルリーナプチレストア日記です。

前回ドアを取りはずし塗装に向けてフロアパネルを

更に磨きシリコンオフで油分を取りました。

good evening!

It is Berliner Petit Restore Diary.

Remove the door last time and paint the floor panel for painting

I polished further off the oil took oil.

錆が酷い所や腐食で穴が開いたパネル部分は切断して

新し鉄板を溶接して取り付けて行くのでとりあえず

今は触らずマジックでマークしておいて錆止めをぬりました。

Panel parts where holes are opened due to rust or corrosion are cut off

I will weld new steel plate and install it for now

I marked it with magic without touching now and applied a rust inhibitor.

次は運転席側をやって行きます。

ペダルや配線があるし危険なガソリンホースもあるし

少し狭いので慎重に進めていきたいと思います。

それではまた次回お楽しみに!

Next we will go by the driver’s side.

There are pedals and wiring, and there are also dangerous gasoline hoses

I think that I will carefully proceed because it is a little narrow.

See you next time again!

Read more

お久しぶりです

ベルリーナのブログ更新は久しぶりになります。

仕事の間に作業を進めているますが、急ぎで仕上げて行きます。

それでも、徐々に作業が進んでいますので豆に更新したいと思います。

I will update Berliner’s blog after a long absence.

I am working on work while I work, but I will finish it in a hurry.

Nevertheless, since work is gradually progressing, I would like to update it to beans.

フロントドアをこのように外しました。

これで作業がやりやすくなりますね。

I removed the front door like this.

This makes working easier.

フロントドアを外す時はドアヒンジのネジが

ダッシュボードの横に隠れています。

When removing the front door the screw of the door hinge

It is hidden beside the dashboard.

左右ともダッシュボード横のネジを緩めると

ダッシュボードを上に少しで良いのでずらします。

そして写真のように内張を剥がすとヒンジのネジが見えてきます。

以外に狭いのでダッシュボードをすべて外したいのですが、

希少な部品を破壊すると高額な部品代がかかるので

パーツを外すのはここまでにしときます。

Loosen the screws on the left and right sides of the dashboard

I will shift the dashboard up a little better.

And if you peel off the lining like the photo, the screw of the hinge will be visible.

I want to remove all the dashboards because it’s narrow,

Destroying rare parts costs expensive parts costs

I will do until now to remove parts.

最初からドアを外しておくと作業性が上がるので

少し手間ですがお勧めします。

後はフロアパネルの錆を更に綺麗に落として行きたいと思います。

ドアとヒンジをは外す時は重量もあるし大変です。

2名で作業する事をお勧めします。

It is a little laborious but I recommend.

I think that I would like to drop the floor panel rust more beautifully afterwards.

When removing the door and hinge, there is weight and it is serious.

We recommend you to work with two people.

 

Read more

Today I would like to talk a bit about the washing cars of old cars.

How do you guys clean cars?

The car body and frame are oxidized with iron and oxygen,

rust occurs, moisture enters there and rust progresses.

For example, this picture is a picture of a door molding that is between the

doors.

今日は古い車の洗車について少しお話ししたいと思います。

皆さんは洗車をどのようにいしていますか?

車のボディーやフレームは鉄と酸素で酸化し錆が発生し

そこに水分が入り錆が進行して行くものです。

例えばこの写真ですがドアの間にあるドアモールの写真です。

 

 

As it is a photograph, it may be incomprehensible, but when you remove the mall, water enters the room with rain

Iron plates that made the height not to be spot welded overlapping in the outside and inside.

Portion of the rubber molding, the backside of the interior of the fender, the inside of the door, such as the bag-like panel part

In addition to moisture, water will be collected by mud and dust like a photograph.

 

写真なので分りずらいかもしれないですが、モールを外すと雨で水が室内に入

らないように高さを作った鉄板が外と中で重ねてスポット溶接してあります。

ゴムモールの部分、フェンダー内部の裏側、ドアの内部など袋状のパネル部分

は水分以外に写真のように泥やほこりによって水が溜まってしまいます。

 

And it is natural that it will not dry, but it becomes easy to rust.

In case of car washing, it is good to remove the mall and wash it, but besides it is serious.

Since it is good to keep the mall attached, soiling of the mall part such as between the doors and the trunk

Then, during the draining mall between the glass of the door, clean the hole through which the water under the door gets out

In a minute place with a toothbrush, air or steam

Since it will not accumulate water and mud when rinsing it becomes rust resistant.

Even in new domestically produced cars, in cold areas, anti-freezing agents and other parts of the fender and the nail, the radius

From the place where it is easy to stain such as etter and engine room, lowering and so on, where mud easily accumulates, rust

Please wash and think about this neighborhood because it is easy to do.

Even if I wash only the outer side, I notice that there is not much meaning in fact.

After washing the car, run the wiped car and you can drain drained in the door etc.

So dry enough.

It was actually a car wash to keep the car for a long time!

 

そして、乾かない状態が続くと当然ですが、錆びやすくなります。

洗車をする場合はモールを外すして洗うと良いのですが、以外に大変です。

モールが付いたままで良いので、ドアの間やトランクなどモール部分の汚

れ、ドアのガラスの間の水切りモールの間、ドアの下の水が抜ける穴を掃除す

るなど細かなところを歯ブラシやエアーやスチームで

洗うと水や泥など溜まらないので錆びにくくなります。

新しい国産車でも寒冷地では凍結防止剤などでフェンダー裏や爪の部分、ラジ

エターやエンジンルーム、下回りなど汚れやすく泥が溜まりやすい場所から錆

びやすいのでこの辺りを考えて洗車して見て下さい。

外側だけ洗ってもあまり実は意味がない事に気付きます。

洗車後はふき取りした車を走らせるとモールなどドアにたまった水切りも出来

るので十分乾きます。

少しでも長く車を維持するのは実は洗車でした!

 

Finally, because there is a translation application, sentences are wrong, but please understand.
Thank you very much for reading my blog.
I would appreciate your follow and share with Facebook and Twitter etc if you like.

We will continue to devote ourselves to the safe and secure delivery of your car life every day.

 

 

 

Read more

Today for painting floor panels and repairing sheet metal

I took a lie with Berliner ‘s rear door, which is an obstacle to repair.

今日はフロアパネルの塗装や板金修理に向けて

修理に邪魔なベルリーナのリアドアと内張を取りました。

 

 

 

 I will also remove the front door, but it is easy to remove parts

I have not had time so today is here!

フロントドアも外していきますが、部品が外しずらく

時間が無いので今日はここまで!

 

Read more

Alfa Romeo Restore Diary

good evening!

The matter of Alfa Romeo Berliner.

I have been busy lately recently.

I was able to work as I made time during the holidays, so I went on working.

After checking the status, I uploaded some photos, so please have a look!

I am not good at English, so I use a translation application. Please acknowledge that the sentences may be wrong. Little by little, I will study.

こんばんわ!

アルファロメオ ベルリーナの件ですが、

最近、多忙でご無沙汰でした。

連休中に時間が出来たので作業を進めて行きました。

状態確認後何枚か写真をアップしましたのでご覧ください!

First I removed the grill.

Since the screws are rusty we removed them carefully!

Since the rust on the outside of the headlight is corroded to the inside, replace it.

Since parts are present, it is just as it is.

Since both the interior and exterior parts where rust is floating have been checked.

先ずはグリルをはずしました。

ネジが錆びているので慎重に取り外しました!

ヘッドライトの外側左右が錆が中まで腐食しいているので交換します。

部品は現存していますのでとりあえずこのままです。

内装、外装とも錆が浮いてきているところがあるので確認して見ました。

The above picture shows the outside of the panel with the tail lens removed

It is the part that took a picture from inside the trunk.

上記の写真はテールレンズを外したパネル外側と

トランクの内側から写真を撮った部分です。

Is it something?

It is rusty in the middle.

It is a car 40 years ago to domestic production, imported cars and truly.

Iron is a must-go something.

However, this is acceptable.

In this age model it is actually about as much as to know the original form

It is a much more terrible year.

I think that the condition is pretty good, so it seems to be manageable.

Next time paint floats the panel floating the steel plate

I will check whether it is.

Why do you do something, how hard it is to rust

Although it is easy, I would like to explain.

いかかがでしょうか?

中々のサビっぷりです。

国産、輸入車とわずさすがに40年前の車です。

鉄は必ずサビるものです。

しかし、これぐらいは許容範囲内です。

これぐらいの年式では実際は原形が分らなくなるぐらい

もっとひどい状態が多い年式です。

状態はかなり良いと思いますので、何とかなりそうです。

次回は塗装が浮いたパネルを削って鉄板がどのように

なっているかを確認していきます。

何でサビるのか、どうしたらサビにくいのかなど

簡単ではありますが、ご説明したいと思います。

Read more

希少車の1971年式アルファロメオ1750ベルリーナをプチレストア中!

エンジンは一発始動で調子よく外装やフレームも一部ヘタレも

ありますが、許容範囲内です。

シートの張替えやフロアマット、パネル、外装を修理していきます。

先ずは現状を確認する為、フロアカーペットや座席などすべて

取り外していきます。

 

 

トランクのパネルもはずしました。

 

前後部品をはずしたら錆の確認と防錆処理をするため

たがねとハンマーで地道にアンダーコートはがしをしていきます。

 

まだまだ気温は低いのでパリパリとはがしやすいです。

これが夏で気温が高いとガムみたいにネチャネチャで

アンダーコートをはがすのが困難になります。

 

ここまで約3日ほどかかりましたが、やれば何とかなるものです。

 

穴が開いてますが丸く穴が開いているところは水の抜け穴ですが、

細かく錆で穴が開いている箇所が何点かあります。

とりあえずは今はサンダーやベルトサンダーをかけて

錆やプラフサなど余分な塗料を

すべて剥ぎ取る事に集中しピカピカにします。

この作業時は鉄粉やほこりがすごいので防塵マスクは必須です。

後は作業時は削り貸すなど飛んで来るので保護メガネも必ず忘れずに!

こんな感じです。

ご安全に!

しかし、ここまででも大変な作業です。

この車の部品はすべて絶版です。

絶版車でも海外から再販部品やOEMで部品が

まだ存在しています。(仕入れるのにチョット大変)

アメリカや欧州など古い物を治して大事にし

より価値を上げて行く!これは欧米や欧州の文化でしょうね。

素晴らしいと思います。

(1930年代あたりの車も未だに現存し動いていますよね。)

古いものを捨ててきた日本車の方が逆に

大変かもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。