アルファロメオ147

アルファロメオ147のワイパー修理です。

ワイパーが突然おかしな箇所で止まってしまったと連絡があり、見てみるとアルファ147では定番のワイパーリンク破損でした。

 

 

 

 

 

新品部品は高額なのでお客様と相談のうえ中古部品を取り寄せて交換します、ワイパーアームとバルクヘッドカバーを外してモーター付リンクを外します、見事にポッキリといってました。

 

 

 

 

 

取り寄せた部品も中古品なので、念のため折れやすい箇所に樹脂硬化ボンドで補強を入れておきます。

交換後に動作確認をして完了です。

ありがとうございました。

Read more

アルファロメオ147のオイル漏れ修理です。

定期点検時にオイル漏れが酷くなっていたので、そのまま預かって修理します。

 

 

 

 

 

ヘッドカバーからのオイル漏れでエキマニや遮熱板にオイルが垂れて焦げ臭いです。

 

 

 

 

 

イグニッションコイルを外すと、2番プラグホールにオイルが溜まってました、これでもアイドリング不調などはありませんでした。

 

 

 

 

 

外したパッキンは例のごとくカチカチ状態です、取付け部をキレイにして角部に液体パッキンを塗って元通り組み付けます、交換後にオイル漏れ跡をきれいにして漏れチェックで完了です。

ありがとうございました。

 

Read more

アルファ147のお客様から連絡があり、輪止めに乗り上げて下廻りを打ってしまいエンジンオイルが漏れているので自走が難しいとの事でレッカー入庫となりました。

 

 

 

 

 

オイルまみれになった下廻りを洗浄して見てみると、オイルパンを打ち付けた箇所のヒビからかなりオイルが漏れてきます。

オイルパンは部品代がかなり高額です、中古部品も無いのでお客様と相談のうえ今回は溶接修理する事に。

 

 

 

 

 

知り合いのアルミ溶接のプロに出張で修理してもらいました、修理後にオイルを入れてエンジン始動させ漏れをチェックします、問題なさそうです。

アルミ溶接の技術を見るとさすがプロと言った感じですね、今回はうまくいきましたが修理の箇所や状態によっては溶接修理できない場合もあるので車高の低い車は気をつけましょう。

ありがとうございました。

Read more

アルファロメオ147MT1.6TSのタイミングベルト交換です。

 

 

 

 

 

ファンベルト、テンショナー、アイドラー、クランクプーリーと外してタイミングカバーを外します。

 

 

 

 

 

ヘッドカバーを外して、一番シリンダー圧縮上死点にてSSTでカムシャフトを固定したらタイミングベルトを外します。

 

 

 

 

 

タイミングベルト、ウォーターポンプ、アイドラー、テンショナーを交換します、あとカムギアの裏あたりに付いているサイドカバー的なものが触るとボロボロと割れるので、のちに割れてタイミングベルトにでも噛みこんだら大変と言う事でこちらも新品交換します。

 

 

 

 

 

新品部品を組み付けたらSSTを外してクランク回しで確認後に各部元通りに組んでいきます、ヘッドカバーパッキンも新品交換、クーラントを注入してエア抜き、水漏れなどチェックして完了です。

ありがとうございました。

 

 

Read more

アルファロメオ147の内装修理です。

 

 

 

 

 

垂れ下がってしまった天井と、今にも剥がれそうなドアの内張りを張り替えるため取り外しします。

 

 

 

 

 

取り外したものをいつもお世話になっている内装屋さんへ持ち込んで張り替えてもらいます。

 

 

 

 

 

天井は同色系生地で張り替え、ドア内張りは合皮生地で張り替えてもらいました、ドア内張りはプレスラインまできちんと再現してあります、腕の良い業者さんにはいつも助けられます。

お客さんにも喜んで頂けました。

ありがとうございました。

Read more

アルファロメオ147の天井張り替えです。

 

 

 

 

 

シートに座ると内張りが頭に乗っかるくらい垂れちゃってます、サンバイザーやピラーカバー、アシストグリップなどを外してルーフライニングを取り出します。

 

 

 

 

 

取り外し中にどんどん剥がれてきてクッション材もボロボロと落ちてきました、あれ触るとネチャネチャして嫌なんですよね~

いつもお世話になっている内装屋さんに持ち込んで張替えをしてもらいました。

元通り取り付けて完了です、綺麗な天井は気持ち良いですね。

ありがとうございました。

Read more

定期点検とメンテナンスで入庫のアルファ147です。

フューエルキャップがロックできなくなったとの事で交換します。

 

 

 

 

 

キーで開けるタイプのフューエルキャップです、このタイプはロックするとキャップがフリーになって開かなくなるのですがロックが出来なくなるといつでもキャップを回せば開いてしまいます、このタイプで良くある故障ですね。

原因は右上の写真のようにキーシリンダーの突起が曲がってしまうからです、まっすぐに戻せば良いじゃんとプライヤーなどでやると確実に折れます、なので新品部品を取り寄せます。

 

 

 

 

 

新品部品はキー付きでの供給です、そのまま使えば良いのですが給油時にメインとは別のキーでキャップを開けなくてはいけないのと単純にキーが1本増えて邪魔くさいです。

なので新品キャップを分解してキーシリンダーを取り出してメインキーに合わせて加工します、これで今まで通りメインキーでキャップを開閉できます。

 

 

 

 

 

その他タイヤ交換やオイル交換などの整備をして完了です。

ありがとうございました。

Read more

先日、オイル交換でご来店頂いた際にオイル漏れが発覚したので、部品を取り寄せて後日再来店で待ち作業しました。

 

 

 

 

 

漏れ箇所はヘッドカバーパッキンからです、エキマニと遮熱板にオイルが垂れて焦げくさい臭いがしています、トップカバーとイグニッションコイルや補器類を外してヘッドカバーを外します。

 

 

 

 

 

2番のプラグホールにオイル混入があったのでプラグを外してキレイに清掃したのと、1番のプラグホールにはサビが出ていたのでこちらはサビ落とししておきました。

パッキンを交換して漏れ跡を清掃して完了です、ありがとうございました。

Read more

アルファロメオ147のオイル漏れ修理です。

オイル交換時にヘッドカバーからのオイル漏れが判明し部品を取り寄せて交換する事に。

 

 

 

 

 

カバーの向かって右側あたりから漏れてます、エキマニの遮熱板に垂れて少し焦げた臭いもしていました。

 

 

 

 

 

トップカバーを外してイグニッションコイル等を外してからヘッドカバーを外します、樹脂製のヘッドカバーがひび割れて漏れてくることもあるので割れなどないか確認します、今回は大丈夫そうでした。

 

 

 

 

 

冷却水リザーブタンクのホース口から冷却水が漏れている事に気づいたので、ホース先端を切ってバンドを締めなおしておきました、オイル交換もして漏れなど無いか確認します。

しばらく乗ってもらって再点検ですね。

ありがとうございました。

 

Read more

アルファロメオ147の車検整備です。

 

 

 

 

 

エンジンオイル&オイルフィルター交換、ラジエター冷却水はワコーズパワークーラントに交換です。

 

 

 

 

 

ドライブシャフトのインナーブーツがパックリ破れているので交換します、アッパーアーム、スタビリンク、キャリパー、アブソーバー下部を切り離せばシャフトは外せます。

 

 

 

 

 

スナップリングを外してベアリングを抜いてブーツ交換します、元通り組み付けていきます。

 

 

 

 

 

運転席パワーウインドウが故障しているのでレギュレター交換します、社外品のモーター付レギュレターは比較的安価です、ガラスホールブッシュは新品に交換します。

 

 

 

 

 

パワーウインドウのスイッチ部分がプラプラになってしまい助手席側がうまく開かないので交換します、ASSY交換はコーディングしないとオドメーターが点滅してしまうのでスイッチ部分だけを当店部品取り車から拝借して交換します。

その他の整備をして車検を通して完了です。

ありがとうございました。

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。