シトロエンC3

こちらは新規のお客様でホームページを見てもらって修理依頼を頂きました、シトロエンC3のラジエター冷却水漏れです。

 

 

 

 

 

結構な漏れです、このエンジンで冷却水漏れと聞くとだいたい想像つきますが、やはりサーモスタットハウジングからの漏れでした。

 

 

 

 

 

もう一ヵ所見ておきたいのがウォーターポンプです、水滴が垂れる程ではありませんがフェンダーライナーを外して良く見ると対策前の樹脂製部品が付いていて滲み漏れしてきています、お客様と相談のうえ交換する事に。

 

 

 

 

 

サーモスタットハウジングとデリバリーパイプ、ヒーターホース、リザーブタンク、パイプホースなど劣化の見られる関連部品を同時交換します。

 

 

 

 

 

新しいウォーターポンプは金属製の対策部品です、ウォーターポンププーリーのゴムコート部の劣化が酷くなっています、このままいくとポンプの回転不足を起こすので交換します

 

 

 

 

 

オイル漏れ修理もご依頼い頂いています、原因であるヘッドカバーパッキンの交換は周辺が分解されているうちに作業してしまいます。

 

 

 

 

 

すべて交換し終えたら、ワコーズパワークーラントを注入してエア抜き&漏れチェックで完了です。

ありがとうございました。

Read more

オートマの変速ショックと3速固定の症状が出るC3の修理入庫です。

 

 

 

 

 

AL4の弱点ですね、テスターでソレノイド不良を確認して早速交換していきます、ATFを抜いたらATオイルパン周辺のCPUなど邪魔になるものを外していきオイルパンを外してバルブボディを取り出します。

 

 

 

 

 

バルブボディを分解清掃してソレノイドを交換、オイルパンパッキンと本体側Oリング2個も交換、オイルパンの磁石も鉄粉まみれなので綺麗にします。

 

 

 

 

 

ATFはWAKOSプレミアムSを3L程度注入して、テスターで油温を見ながらオイル量を調節、カウンターリセットなど初期設定をして完了です。

実は入庫時にラジエター冷却水が減っていたので下廻りを見たら漏れていたのでお客様に連絡しこちらも修理する事に。

 

 

 

 

 

下廻りの向かって中央右寄りに冷却水が垂れています、そうなるとサーモスタット周辺が疑わしいです、バラして確認するとやはりサーモスタットハウジングからの漏れでした、部品を注文して交換していきます。

 

 

 

 

 

サーモスタットと同時交換するのは変換コネクター、ヒーターホース2本、サーモ~ウォーターポンプのデリバリパイプ、リザーブタンクまでのパイプホースです、ウォーターポンプは漏れも無いので今回は見送りです。

エア抜きと漏れ確認して試運転します、オートマはとてもスムーズな変速になり良い感じでした。

ありがとうございました。

Read more

車検で入庫のシトロエンC3整備です。

始動時のガラガラ音が出ているので、タイミングチェーンテンショナーの交換を依頼されました。

 

 

 

 

 

エアダクトやエアクリーナーボックスを外していきます、チェーンテンショナーを抜くのにスロットルボディが邪魔になるので外してしまいます。

ヘッドカバーを外して、SSTでカムとクランクを固定したらチェーンテンショナーを外します、ヘッドカバーパッキンはオイル漏れし始めていたので交換出来て良しです。

 

 

 

 

 

チェーンテンショナーを交換したらSSTを外してヘッドカバーを組み付けます。

外したチェーンテンショナーは新品と比べると弱かったです、交換後はガラガラ音は出なくなりました。

 

 

 

 

 

エンジンオイル&オイルフィルター交換にWAKOSエコリフレッシュキット添加。

 

 

 

 

 

亀裂の入ったファンベルト交換とワイパーブレード一台分交換。

その他の整備をして車検を通して完了です。

ありがとうございました。

Read more

シトロエンC3のマフラーブラケット修理です。

こちらは新規のお客様で過去の修理ブログを見てご依頼頂きました、リヤマフラーが垂れさがって落ちそうとの事です。

 

 

 

 

 

現状が結束バンドでなんとか吊っている状態です、これではいつか落ちますし車検も通りません。

バンド型のブラケットを外すとサビでボロボロです。

 

 

 

 

 

ブラケットだけで部品供給が無くマフラーごとの部品代はかなり高額なのでブラケットを製作して治します。

市販のステーをマフラーの形状に曲げてアングル部分を付け替えます、アングルの溶接を今回は若園製作所の若手のホープにやってもらいました、若手と言っても溶接の腕前は確かです。

ブラケットの締め付け具合を調整しつつ取り付けたら完了です。

ありがとうございました。

Read more

シトロエンC3の車検整備です。

 

 

 

 

 

エンジンオイル&オイルフィルター交換、フロントワイパーブレード交換。

 

 

 

 

 

リヤブレーキパッドは残量が2mm程度なので交換です。

その他、タイヤローテなどして車検を通して完了です。

ありがとうございました。

Read more

シトロエンC3のマフラーハンガー修理です。

ネットで当店を知って頂いたお客様からの依頼で、マフラーが脱落してしまったので修理してほしいとの事です。

 

 

 

 

 

現状がこんな感じで、リヤマフラーを固定するバンド型ステーが錆びて千切れてしまっているので針金で吊って応急処置してある状態です。

このステーだけでの部品供給が無く、対策品となったマフラーごとの供給で6万円程度と高額なのでバンド型ステーを作成して修理します。

 

 

 

 

 

市販のステーをバンドの形状にして純正バンドからフック部分を切断し溶接で付け替えます、サビを落として防錆塗装をしたら取り付けて完了です。

ありがとうございました。

 

Read more

今日はシトロエンC3のウォッシャーモーターを交換しました。

プジョーにも同じウォッシャーモーターが付いています。

症状としては、モーターが動かないので動作音がしません。

後は当然、故障しているのでウォッシャーの水が出ないです。

簡単な交換作業ですのでDIYでも交換可能ですよ。

これがウォッシャーモーターとゴムパッキンです。

パッキンはCRCなど潤滑剤をつけてはめ込んで下さい。

そのままだとかなり硬くてウォッシャータンクに入りません。

このシトロエンC3は運転側の下にウォッシャータンクがあります。

下のカバーのネジを3本ほど外しマッドガードをめくると

ウォッシャータンクとモーターが見えます。

ピッカーでモータの配線を抜きコジ棒でモーターと

ゴムの配管をコジると簡単に外れます。

後は取り付けて動作点検して終了です。

ほとんどの車は同じ作りですので水が出ない時は、

配管のつまりをエアーで掃除して

ウォッシャーノズルの掃除、

そして最後はモーター交換の順番で見て行きましょう。

それでも治らない時は、ハンドルのウォッシャーのスイッチが故障して

いることがたまにですがあります。

ここからはウインカーやウォッシャースイッチなどハンドルをはずして

ASSY交換になるので高価な部品になります。

そこまでは滅多にありませんが、そうなったときは

中古部品も扱ってますので是非、ご相談下さい。

 

 

 

Read more

ど~もこんばんわ!今日もかなり暑いですね。

暑い中ですが私も頑張っております。今日も一日頑張りましょう。

昨日のC3メンテナンスの続きですが、

エンジンオイルを交換しました。

ついでに半年以上前ですが、

オイル漏れを外から止める・ワコーズ・クイックフィックスを

エンジンオイルパンに使っていたところを確認してみました。

施工して半年以上は放置状態です。

結果は!

見ずらいですがエンジンの下側のオイルパンです。

エンジンオイルが結構漏れていたのですが、

半年以上立っていますが、今現在も漏れていません。

クイックフィックスは、オイルパンやヘッドカバーなどつなぎ目に

吹き付けてオイル漏れを止めてしまう便利なスプレーです。

このシトロエンC3はエンジンオイルパン事態、

簡単に脱着出来るのでパッキンや液状ガスケットの

うち替えなども容易です。

なので比較的安価でオイル漏れ修理が可能です。

しかし、一部の車種ですが、メンバーが邪魔で、

エンジンハンガーで釣り上げてメンバーを脱着しないと

オイルパンが外れない手ごわい車も結構あります。

当然、それなりに大変なので結構な工賃が発生します。

そんな時は、ダメもとでこのクイックフィックスを

使って試して見るのも良いといます。

ただし、漏れが酷かったり場所が悪いと施工出来ないので、

効果が全く無い事もあるので必ずご了承ください。

本来は、絶対にオイルパンを外し

キッチリ部品を交換し漏れ止め修理しないといけない

のですが、もうすぐ手放すとか、

車検で予算が無いのでとか事情は

色々とあると思います。

しかし、これは悪魔でも簡易的なものです。

先ほども言いましたが、効果が全く無い事もあるのでご了承下さい。

(あまりお勧めはしてませんが、予算が・・・的な時に試しに!)

そんな便利なものが、実はありそうでなかった的な寝装品の紹介でした!

Read more

今日も暑い中,

外でお仕事をしている方々、本当にお疲れ様です。

休憩しながら水分を取りながら今日も頑張って下さい。

今日はそんな猛暑の中、最近シフトショックが気になりだした

当社のレンタカー、シトロエンC3のATF交換をしました。

プジョー、シトロエンは共通の部品が多くこの癖のあるATも共通です。

 

AT(オートマチックトランスミッション)以下AT

ATF(オートマチックトランスミッションフルード)以下ATF

 

プジョー206など15年ぐらい前のATは、

滑りや変則ショック、変速しないなど定番でした。

当時からフランス車のATは道路事情にもよりますが、

あまり強くない部分でした。

最近のATは改善されていますが、

しかし、国産車も含めATのメンテナンスは重要です。

(国産車はほとんどがCVTでですのでATF交換は慎重に!)

走行距離が多くなってからの交換だと所説はありますが、

故障する危険があるのは確かですので

そんなことの無いように、新車時から定期的に交換をお勧めします。

このシトロエンは3万5千Kmの時に2回ほど交換しています。

ATFが抜けきらないので一度交換してから、

しばらく何日か走行して新しいオイルを全体に巡回させてから、

ミッションの下からオイルを交換する方法を取りました。

そして、今の走行距離は5万Kmになりました。

最近は多少変則に違和感があったので点検ついでにエンジンオイルと

ATFを一緒に交換することにしました。

左がATFのドレンボルト

右が油糧を確認するプラスチックドレン

 

左の写真はミッションオイルドレンです。

ミッションのドレンボルトだけ取っても

このようにオイルはほとんど抜けません!

ATFのドレンボルトを取ると中にATFの量を調整するプラスチック製の

ストロー状になったドレンがもう一本あります。

のぞきこまないとみえません。

2本とも写真の様な特殊な専用工具を使います。

星形、四角形、六角形などセットであると便利です。

力一杯しめたり緩めるときも気おつけないと舐めてしまいます。

 

 

左が古いATF!右が新しいATF!

前回交換から約2万Km走行でこの汚れです。

ワコーズのATプラスが在庫にあったので使ってみました。

(長期在庫で残ってましたが、ATプラスはモデルチェンジしています。)

 

新車時からだとどうでしょうか?

本当は新車は早い段階ですべての油脂関係は交換した方が良いのです。

最近は昔の車みたいに金属を削る技術が良くなって

エンジン、ピストン、ミッションなどクリアランスがきっちり

出ているので慣らし運転んがいらないとか、

オイル交換があまり必要はないとか一部ですが、

間違った話が伝わっているかも知れません。

実際、こうして見てみると一目瞭然です。

昔の車はATFは交換するのなら早い段階から定期的に交換するか、

しないならば、壊れるまで無交換のままでいてくれた方が

メーカとして保証が切れるのでリスクは少ないのです。

なので今でも間違った知識が浸透しています。

 

最後ですが、日本車のほとんどのATがCVTです。

間違った知識で交換すると故障の原因になります。

後はATFの交換時期はメーカで違いますので

交換の際は各メーカに問い合わせしてください。

古い車や走行距離が多い車など交換の際は

自己責任でお願いします。

 

Read more

 この連休どうすごされましたか?

今日もそうですが、外や炎天下の中お仕事をしている方々

本当にお疲れ様です。

私も年齢のせいなのかこの暑さはさすがに

体調が悪くなり夏に風邪をひいてしまいました。

愛知県や東海地方の夏は毎年気温が高くなっている気がします。

(沖縄より気温が高い!名古屋の湿度の高い暑さと違い

沖縄はカラッとして涼しいのかな?)

気温が上がると車にとっても過酷な条件が多くなってきます。

水温、油温、エアコン、タイヤの空気圧、ベルト関係、センサー類など

そんな事で最近は故障や修理が増えています。

連休もそうですが、これから夏休みで子供や家族で遠方に

車で出かける方が多くなってきます。

特にお盆時期は渋滞で冷却系統には過酷な条件がそろいます。

ラジエターやコンデンサー、オイルクーラーなど冷却しないといけない

ものはバンパー前の風が当たるところ集まってます。

渋滞で冷却系が上手く働かなくなっても電動ファンが

フル回転で仕事をしてくれて冷却しています。

しかし、日頃点検やメンテナンスを怠った車だと

故障に気付かず遠方で故障して最悪止まってしまうと大変です。

念のため出かけるときはもう一度点検をお勧めします。

最近あったのが、この夏にスタッドレスタイヤを付けていたり、

古いバッテリーやオイル交換していなかったりと

事前に見つけて対処した案件がありました。

この中でも夏の炎天下のスタッドレスタイヤは危険でした。

スタッドレスタイヤはそもそも高温の路面には対応できません。

そして雨の時はブレーキも効きずらく、横縦にも滑って危険です。

そもそも寒冷地で性能を発揮する為にタイヤゴムが柔らかくなっています。

タイヤには溝の深さや空気圧以外にコンパウンドが重要です。

(コンパウンドとは=混合物・合成物)

簡単に言えば、タイヤはハードタイヤ、ミディアム、ソフトとあります。

レース用タイヤではないので一般の方にはなじみがないと思いますが、

固いタイヤは高い耐久性で溝が減りにくい反面、グリップ力が乏しい。

ソフトタイヤは転がり抵抗が大きくゴムが溶けやすく路面に張り付くほど

強力なグリップをします。そして雨は苦手です。

そして、ドライ時はタイヤの減りは大きいです。

その両方の良い所がミディアムタイヤです。

市販タイヤは分りにくいので、商業車用の荷物の重さに耐えれるタイヤ、

ミニバンやセダン用の燃費や走行時静かなタイヤ、

スポーツカー向けなどグリップにこだわったタイヤ

など簡単にわかるように販売しているメーカやお店が多いですよね。

タイヤも競技用にはSタイヤがあり、ハイ、ミデイアム、ソフト、

レインタイヤなどにも同じように硬さがあり

雨の多さによって更に種類があります。

そこまではこだわる必要はないのですが、

この炎天下でのスタッドレスはバーストする危険があり

本当に危険ですので必ず交換して下さい。

 

そんな事で、当社はでは、

他店で購入した車でも国産、輸入車、軽自動車、車種は問いませんので

診断機を使ってコンピューターなども含めて

一度点検をしてみてはいかがでしょうか?

点検自体は予約制にはなっていますので一度お問い合わせください。

お盆時期や連休は部品の供給がストップするので

急な修理に対応出来ないので早めにメンテナンステして損はないと思います。

代車も多数ご用意しておりますので時間がかかる事故修理にも対応可能です。

是非、お気軽にお電話、メールでも良いのでご相談ください。

プジョー207です!

(ブログ内容と写真は特に関係ありません!)

懐かしい看板!

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。