トラック整備

クラッチがすべってしまって不動となったファイターがレッカー入庫しました。

クラッチ一式交換していきます。

 

 

 

 

 

 

ミッション廻りの邪魔になるものを外していきミッションを降ろします、PTO付&エアブレーキ車なので外すものが多くて時間が掛かります。

 

 

 

 

 

開けてビックリ!クラッチディスク摩耗面がすべて剥がれ落ちてクラッチ内部は鳥の巣のような状態になり、ディスクは鉄板だけになってます、ここまでなってるのは私も初めて見ました。

 

 

 

 

 

クラッチカバーやベアリングを外して綺麗に清掃してから新品部品を組み付けます。

幸いフライホイールには損傷は無さそうでしたので再利用します。

 

 

 

 

 

ミッションのドッキングは思ったよりスムーズにいきました、補器類を戻してクラッチ調整をしてから試運転をして完了です。

クラッチはすべり始めを感じたら不動になる前に早めに交換した方が良いですね。

ありがとうございました。

Read more

トヨタダイナのタイミングベルトウォーターポンプ交換です。

 

 

 

 

 

このエンジンはタイミングベルトのみの交換であれば脱着部品も少なく比較的楽ですが、今回は2度目のタイミングベルト交換で交換歴の無いウォーターポンプも交換します。

 

 

 

 

 

ウォーターポンプの交換は、クーリングファン廻りを外してオルタネーターをずらし、タイミングベルト、カムギア、ベースカバーを外します。

 

 

 

 

 

カムシャフトのオイルシール交換、けっこうオイル漏れ酷かったです。

 

 

 

 

 

タイミングベルト、オートテンショナー、テンショナプーリーを組み付けてクランク2回転で合いマーク確認をしてからカバー類を元通り組み付けていきます。

すべて組み終わったらクーラントエア抜き、漏れチェックして完了です。

ありがとうございました。

Read more

トラックへのドライブレコーダー取付け依頼です。

今回取り付けるのはウェブ限定モデルのユピテルWD320Sです、GPS付きで価格も良心的です。

電源はヒューズボックスの12Vアクセサリーから取り出してソケット変換を使います。

取付け後、動作確認をして完了です。

ありがとうございました。

Read more

クラッチが完全にすべってしまったエルフがレッカー入庫しました。

 

 

 

 

 

ユニック車なのでアウトリガーで車体を持ち上げて作業します、いつもの手順でミッションを降ろしていきます、PTOのギアボックスも邪魔になるのでミッションオイルを抜いてから外してワイヤで吊っておきます。

 

 

 

 

 

外したクラッチディスクは残量ゼロでした、ここまでになるとさすがにクラッチは繋がりませんね、新品部品に交換、ミッションを組み付けてオイル注入、クラッチ調整をして完了です。

ありがとうございました。

Read more

一ヵ月程前にラジエター交換したキャンターが、今度はエンジン始動不良で入庫しました。

症状としてはイグニッションオンにしてもセルモーターが無反応な事がたまあったが、最近そのスパンが短くなってきたとの事でした。

入庫時に症状は出ていなかったのですが、何度かエンジン始動を繰り返すうちに症状が出ました、典型的なセルモーター不良ですね。

 

 

 

 

 

まずはバッテリー端子を外してから古いセルモーターを外していきます、トラックのセルモーターは結構重たいので注意です、部品はリビルト品を手配しました。

交換後は何度試しても問題なくエンジン始動しました。

ありがとうございました。

Read more

パッカー車の冷却水漏れ修理です、かなり漏れるとの事でレッカー入庫しました。

 

 

 

 

 

とりあえず水を注入してリークテストします、ラジエターのアッパータンク周辺からかなり漏れてきます、ラジエター本体の寿命ですね。

 

 

 

 

 

水を抜いてから上下ホース、ファンシュラウドを外してラジエターを取り外します。

 

 

 

 

 

ラジエター本体、アッパー及びロワホース、ホースバンド、ついでにラジエターキャップも新品交換します、交換後にエア抜き、漏れチェックして完了です。

ありがとうございました。

Read more

いすゞエルフのパワーウインドウが動かなくなってしまったとの事で修理のご依頼です。

 

 

 

 

 

運転席側を見てみると、スイッチを押すとモーターが動こうとするものの力弱く止まってしまいます、モーター単体で検査しても同じなのでモーター不良ですね。

 

 

 

 

 

モーターと同時にレギュレターや折れてしまっていたガラスレール、キャッチクリップなども交換します、交換後に作動確認OKでした。

助手席のパワーウインドウが運転席のスイッチでしか作動しないのは助手席側スイッチの故障でした。

その他、室内灯バルブの交換やマフラーの角度調整などして完了です。

ありがとうございました。

Read more

パッカー車のブレーキランプ修理等のご依頼です。

 

 

 

 

 

まず右のブレーキランプが点灯しないのは配線の断線でした、接続修理して点灯しました。

次にブレーキを一度踏むとブレーキランプが点灯しっぱなしになってしまう事の原因はブレーキランプリレーの故障でした、グローブボックス内のリレーを交換して治りました。

 

 

 

 

 

リヤカメラが写らなくなってしまったのは、カメラ本体の故障でした、後ろが全く見えないのでカメラが故障すると不便ですよね。

このタイプのカメラは新品だとかなり高額なので中古品を探して交換、正常に写るようになりました。

ありがとうございました。

Read more

エンジン廻りから異音がすると連絡があり、即日預かりました。

入庫時にファンベルト廻りからガラガラと異音がありました、しかし一度エンジンを切って再度かけようとするとバッテリーがあがってしまいました、お客様に話を聞くと店に向かっている途中にメーター内のバッテリーランプが点灯したとの事です。

 

 

 

 

 

状況的にオルタネーターを疑いながらも、とりあえずかなり古くて再利用が難しそそうなバッテリーを新品に交換したらエンジンは掛かりましたが発電を見てみると全然足りません、異音もオルタネーターから出ているようです。

 

 

 

 

 

サイドカバーとエアダクト、ファンベルトを外してオルタネーターを取り出します。

 

 

 

 

 

リビルトオルタネーターは対策として故障しにくいダイレクトプーリーになっています、外した部品はプーリーを手で回すとゴロゴロしていました、異音の原因ですね。

 

 

 

 

 

部品を取り換えてから発電を測ると充分な発電量になっていました、念のため試運転もして再度点検して完了です。

ありがとうございました。

Read more

車検で入庫のトヨタダイナです。

 

 

 

 

 

キャビン(運転席、座席室のこと)が下りていてロックされているのにキャブチルト警告灯が点灯しています、スイッチを探しても見当たらなかったのですが付いていたっぽい箇所があり奥に配線も垂れ下がっていました。

 

 

 

 

 

早速、分解図を取り寄せて確認するとここに付いていたようなので部品を取り寄せて取付け、配線接続したら警告灯は消えました。

 

 

 

 

 

その他、エンジンオイル、フィルター、ワイパーゴム交換、ブレーキ調整等です。

大きなヒビが入っていたフロントガラスをガラス業者様に交換してもらい、フロントタイヤ交換をして車検を通して完了です。

ありがとうございました。

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。