ポルシェ

ポルシェカイエン発電不良の点検修理です。

お客様からメーターパネルやエアコン操作パネルが全消灯してしまうと連絡があり預かりました。

エンジンを掛けてしばらくするとエアコンパネルやメーターパネルが消灯してしまい、メーターの電圧計も振り切ってしまうという状態になり、バッテリーもあがってしまいました。

 

 

 

 

 

バッテリーはかなり古いので取り敢えず新品に交換して、バッテリーチャージャーで発電を計測するとエラー表示になるので、オルタネーターの方で検電すると数値がバラバラです、オルタネーター不良ですね。

 

 

 

 

 

カバー類とエアダクト、エアクリーナーボックスを外してファンベルトを抜いたらオートテンショナーを外します。

 

 

 

 

 

2本の固定ボルトを外してオルタネーターを取り出します、お客様と相談のうえ中古部品を使います、新品部品は高いですからね。

 

 

 

 

 

逆手順で元通り組み付けてエンジン始動します、発電計測は正常で試運転でも問題ありませんでした。

ありがとうございました。

Read more

ポルシェカイエンの車検整備です。

 

 

 

 

 

右フロントのドライブシャフトアウターブーツが破れているので交換します、左側は2年前の車検で交換しています。

 

 

 

 

 

お客様と相談して価格と時短を考えてシスナータイプでの交換です、シスナータイプは良く耐久性を疑問視されますが2年前に交換した左側が全く問題ないので大丈夫でしょう。

 

 

 

 

 

エンジンオイル、オイルフィルター交換とワイパーブレード交換。

 

 

 

 

 

ファンベルト交換はエアダクトを外して行います。

 

 

 

 

 

エアエレメント交換、けっこう汚れるもんですね。

 

 

 

 

エアコンフィルター交換、エアコンから匂う場合は要交換です。

ブレーキ廻りは問題ありませんでした、車検と通して完了です。

ありがとうございました。

 

Read more

ポルシェカイエンのドアガラス交換です。

車上荒らし被害にあわれたお客様で助手席ドアガラスを割られてしまったので交換します。

 

 

 

 

 

まずはドア内張を外します、取手周辺のカバー内の隠しネジと下部のネジを外してインナーハンドルワイヤーと配線コネクタを抜けば簡単に外れます。

カイエンはパネルごとごっそりガラスなどを外すタイプなので少々厄介です。

 

 

 

 

 

ドアロックやアウターハンドルワイヤを外して、配線は車体側ピラー部分のコネクタから外します。

パネルの左右2本づつのボルトと正面のボルトを抜いたらパネル全体を持ち上げて外します。

割れたガラス片を取り除き、レギュレターにガラスを取り付けたら元通り組み付けて完了です。

ガラスは外販不可部品とのことで中古部品を使いました。

 

 

 

 

 

次に以前から言われていたブロアモーターの異音が酷くなってきたのでこちらも中古部品に交換します。

こちらは7本程度のビスを外せば簡単に交換できます、交換後異音も消えました。

あとは依頼を受けていたエンジンオイル交換をして完了です。

今回のお客様はカバンや小銭入れを取られてしまったそうです、警察にも届けたそうですが過去に盗まれたものが戻ってきたケースは聞いたことがありません、皆様もくれぐれも車内の見えるところにカバンなどは置かない様にしましょう、ほんの少しの間でもです、5秒もあればやられてしまいます、注意してください。

 

 

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。