国産車故障修理

最近、朝夜はかなり涼しくなりました。

私自身は毎年この時期に風邪をひいてしまいます。

やはり今日は体調が悪く風邪ひいてしまいました。

薬を飲んで仕事をしています。

皆さんも急な気温変化で体調をくざさないようにきおつけましょう。

それでは、今日は少し時間あったので

当社のレンタカーのボンゴバンが

以前からエンジンンの調子悪く点検整備しました。

症状はアイドリング中にエンジンが止まったり

アクセルを踏んでも加速しなかったりと

皆さんは経験があまり無いかも知れませんが、

国産でも輸入車でも良くあるエンジン不調です。

このボンゴバンは10万キロを超えているエンジンなので

以前、消耗品のプラグを交換しました。

それでも、エンジン不調の症状は改善されていませんでした。

アイドリング中にエンジンが止まるので

スロットルバルブが怪しいので見て行きます。

先ずは助手席のエンジンカバーを開けます。

スロットルが運転席下に入り込んでいます。

運転席シートとカバーが邪魔なので取っ払います。

運転席シートを取りましたので、

後はエンジンカバーを取っていきます。

DIYでも簡単にできますよ。

サイドブレーキワイヤーがあるので取らずに

少しだけカバーを擦らしました。

丸を書いている部分が、スロットルバルブです。

このボンゴバンは古い車なので

アクセルワイヤーが付いています。

最近の車の殆どが電子スロットルなので

この様にアクセルワイヤーを使っている車は少ないと思います。

燃料を燃やす為に外部から空気を取入れているので

当然、スロットルは汚れてきます。

今はアクセルを完全にOFF状態ですが、完全に

ふさがるとエンジンは止まってしまうので

丸の部分ですが、スロットルバルブが少し開いています。

しかし、丸で囲んでいる部分が実は汚れて詰まっています。

これはスロットルを前回に開けた状態です。

黒い汚れが溜まってます。

これを専用クリーナーで落としていきます。

ワコーズのスロットルバルブクリーナーです。

泡が出るタイプでは無いです。

安全の為エンジンを止めた状態で汚れのみを

ウエスを使って落としました。

パーツクリーナでも良いのですが、カーボンなど頑固な

汚れは溶かして落とさないと取れないので

専用のクリーナーを使いました。

 

 

まだ清掃が甘いですが、クリーナーが効いてきて

汚れが溶けだしてバルブに隙間が出来てきました。

この微妙な隙間がアイドリング状態で必要です。

ここが汚れてふさがるとエンジンは止まるし、電子スロットルなら

エンジンが止まらないように車が勝手にアクセルを煽ったりして

アイドリングが不安定になってしまいます。

バイクも車も古い車輌なら大体こんな感じで掃除して終了です。

後はウエスでゴシゴシとクリーナーを使いながらゴミが

入らないように最後まで徹底的に綺麗にして後は戻すだけです。

スロットルを完全に外して清掃も良いのですが、時間的に

今回はエンジンにスロットルを着けたままで清掃しました。

これでもエンジン止まるようなら別の原因があります。

それかアイドリングを上げるしか無いですが、

問題なかったのでこのまま組んでいきました。

当然ですがすべての車のアイドリング不調の原因が

この様にスロットルバルブの汚れでなる事はありません。

色々な原因が車によって違うので

今回は今までの経験と一つの例を

あげさせてもらっただけです。

特に最近の車はスロットルも含めてすべてが

電子式です。

エンジンの自体は今も昔も根本的に

殆ど変わっていません。

ただ今は何かとコンピューターが賢くなって

メーカー自体がセキュリテー的な面なのか

複雑になって来ています。

DIYで整備する時は

自己責任でお願いします。

Read more

お客様の車両でフロントロワアーム交換です。

走行中に異音がした為、停車してハンドルを据え切りしていたら左側からガタンといってハンドル操作不能となったようで、レッカー入庫しました。

 

 

 

 

 

見てみるとロワアームとナックルの連結部分のボールジョイントが完全に捥げていました。

 

 

 

 

 

テンションロッドを外して、メンバー側のボルトナットを外せばロワアームは外れました、残されたナックル側のボルトナットを外してボールジョイントの片割れを抜きます。

年式等を考えて念のためボルトナット類も新品に交換します。

幸い停車中の事でしたのでその他の部位には損傷はなさそうでロワアームの交換だけで済みました、走行中に外れていたと思うとちょっと怖いですね。

試運転をして問題なさそうでしたので完了です。

ありがとうございました。

 

Read more

お客様の車両でフロントバンパーをぶつけてしまったとの事で修理です。フロントの右側をぶつけています、けっこう酷くエグれていました。

国産車の場合、樹脂部品はほとんどが塗装済みの部品供給となりますので現物修理の費用と比較して今回は新品交換になりました。

なにより板金塗装より作業時間が大幅に短縮できます、この車の場合約30分程度の待ち作業でできました。

車によって作業時間は異なりますが最近の車両は部品交換が楽にできます。

仕上がりも新品なので言う事なしですね、リテーナーやクリップも新品同時交換します。

ものによっては板金塗装の方が安価となりますので、そういったことはお客様と相談のうえ決めさせていただきますのでお気軽にご相談ください!

ありがとうございました。

 

Read more

前回、足廻り修理のホンダフィットのエンジンマウント交換です。

 

 

 

 

 

エンジンルーム向かって右上のマウントです、バッテリー、トレー、エアダクトを外すと見えてきます。

 

 

 

 

 

外したエンジンマウントはゴム部分が完全に断裂していました、これではガタつくのも無理はありません。

交換前と交換後の動画を載せますので見比べてみて下さい。

エンジンマウント交換前

エンジンマウント交換後

 

Read more

お客様の車両で足廻りから異音との事で点検修理です。

点検したところ左フロントのハブに大きめのガタがありました、部品代、工賃等を考慮し今回は中古でナックルASSYの交換にしました。

 

 

 

 

 

サビや固着で取り外しに手間取りましたがなんとか外せました。

 

 

 

 

 

中古部品にはキャリパーやローターなどが付いているので不要なものは取り外します。

組み付け後にガタが無い事を確認して試運転しましたが別のゴトゴト音が気になり見てみたらエンジンマウントも劣化でブッシュが切れている箇所があったので後日そちらも交換します。

Read more

当店の代車兼レンタカーのボンゴバンのプラグ交換です。

アクセルを踏み込んだ時にボソボソとなりパワー出なかったり(踏みなおすと走り出す)アイドリング時にガタガタと止まりそうになる事があるのでまずはプラグ交換から。

交換は至って簡単なのであれこれ書きませんが、古い車だとプラグコードがちぎれたりするので慎重に外します(以前VWポロで引っ張っただけでいとも簡単にちぎれた経験があります)

結果から言えばプラグ交換でなおりました、最近プラグ交換をすることが多く、改めて大事な部品なんだなと思いました、イリジウムプラグなんかも意外と寿命が短かったりしますので皆さんの愛車も早めの交換をオススメします。

Read more

当店で代車として使用しているフィットの車検整備です。

まずはオイル&フィルター交換します。

 

 

 

 

 

左右タイロッドエンドブーツの破れは車検に通らないので交換。

 

 

 

 

 

最近、加速時の息継ぎが酷くなっていたのでプラグ交換します、イリジウムプラグでも走行距離的に交換時期です。

 

 

 

 

 

この車のプラグ交換は少々めんどくさいです、プラグを外すのにワイパーアーム、ワイパーモーター、カウルトップを外さないといけません、点検と言うよりは交換前提で進めます。

 

 

 

 

 

プラグ交換後は息継ぎも無くなり快適に走るようになりました、お客様に貸し出す車なのでトラブルが無いようにメンテナンスは欠かせません。

 

Read more

こんばんわ!

以前、マツダボンゴ用クリーニング屋さん特注ハンガーラックを

特注ハンガーラックが完成しました。

強度や左右調整、高さなども調整可能です。

ハンガーのストッパーなども付いていて

前後に飛び出すのも防いでくれます。

こんな感じにできあがりました。

トラックの荷台の補修やバン車の荷台の加工、ロールバー取付

などなど何でもご相談ください。

 

Read more

ユーザー様の車両でエンジンルームからの異音を点検修理です。

点検したところ、オルタネーター(ダイナモ)からの異音でした、ベルトをかけるプーリー部分にガタで出て『ゴロゴロ・ガラガラ』を言った音が出ていました、削れた鉄粉も周囲に飛び散っていたので分かりやすいですね。

 

 

 

 

 

オルタネーターの脱着はスペースもあるので比較的スムーズにいきます。

 

 

 

 

 

今回は、お客様と相談のうえ車の走行距離などを考慮しオルタネーター脱着のついでにウォーターポンプの交換も行いました。

 

 

 

 

 

ここでイレギュラー発生です、ラジエターキャップを外す時にキャップ口のバイパスパイプがポッキリと折れてしまいました(汗)

 

 

 

 

 

そんなに強打していないのになぁと思いながら折れたパイプを触るとパリパリと砕けました、これは経年劣化で弱くなっていて遅かれ早かれでしたね、むしろ走行中などに折れなくて良かったと思います。

 

 

 

 

 

お客様に相談しラジエター交換する事に、念のため他の樹脂パーツも確認しましたが他は大丈夫そうです。

 

 

 

 

 

すべて組み終えたら冷却水をいれエア抜きして水漏れや異音の確認をして完了です。

このように国産車でも故障はするので定期的な点検やメンテナンスは重要と言えます、『国産車だから大丈夫』ではなく時には愛車の定期点検を!

ありがとうございました。

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。