輸入車整備

プジョー308のエアインテークパイプ交換とワコーズRECS施工です。

車検時にヘッドカバーを交換する際に、形状変更に伴ってエアインテークパイプも同時交換が望ましいとメーカーからの回答でしたが、パイプ径も合わなくはないのでお客様と相談のうえ再利用したところ、二次エア吸いでチェックランプが付くのでやっぱり交換となりました。

 

 

 

 

 

左の写真が今まで付いていたパイプです、右が新たに付けたパイプで差込口にOリングがありロック式になっていてしっかり入ります、古い方にバンドを使って締めていましたがダメだったようです。

別途ご依頼のワコーズRECSを施工させて頂きました、同時にフューエルワンも注入します。

ありがとうございました。

Read more

フィアット500がオーバーヒートするとの事で入庫です、他店でご購入の車ですが以前よりメンテナンスなどでご利用頂いているお客様です。

見てみるとヒーターホース周辺に冷却水が噴き出した形跡があります、良くあるサーモスタットハウジングのパイプが折れたんだと思いましたが違い、ヒーターホースのエア抜きバルブが飛んでました。

 

 

 

 

 

冷却水漏れしてオーバーヒートしたのか、オーバーヒートしてパンクしたのか確認する為、真水を注入してエア抜きし様子を見ます、水温が上がり電動ファンは回りますが水が循環していないようです。

 

 

 

 

 

サーモスタットを疑いますが、この時はお客様もタイミングベルト・ウォーターポンプ類の交換をした記憶が無いとの事で、念のためウォポン裏のパイプを外してウォポンの状態も確認したところ問題なさそうでした(後日、購入時にタイベル・ウォポン交換をしてもらったと聞きましたが交換ステッカーなどはありませんでした)

サーモスタットとパンクしたヒーターホースを交換します。

 

 

 

 

 

サーモスタットを交換する為にヒーターホースを抜こうとしたら樹脂のパイプが簡単に折れました、それどころかヒーターコア側を抜くときにもヒーターコアに繋がるパイプまでもが折れました・・・

サーモスタットは内部でジグルバルブが折れていて弁のスプリングもずれて外れそうになっていました、オーバーヒートの原因はこれのようですね、新品部品は良く折れる部分が金属製になった対策品になってました、ヒーターコアのパイプはコア一体でしか部品供給が無くヒーターコアごと交換です。

 

 

 

 

 

ヒーターコアは助手席足元のカバーをいくつか外せば交換できます。

ヒーターコアを外して気づいた事が、なんか詰まってます、なんじゃこりゃ??例えるならカニみそのような柔らかい泥のような・・・

 

 

 

 

 

考えられるとすれば冷却水の漏れ止め剤とかでしょうか?お客様に聞いても直近どころか購入してからそういった類のものは入れていないとの事ですので購入以前に入れられたのでしょうか?

 

 

 

 

 

良く見るとヒーターホースの先にも詰まってます、ラジエターやエンジン側には詰まってなくてヒーターラインあたりだけに詰まっているのでオーバーヒートの原因ではなさそうです、これでも冬場ヒーターは効いていたと仰っていました、この詰まりはすべてきれいに取り除いておきます。

 

 

 

 

 

いろいろ追加が出ましたが、のちにトラブルを起こす箇所ばかりなので結果良かったと思います、元通りに組み終えたらWAKOSパワークーラントを注入してエア抜き、冷却水もきちんと循環しました、漏れが無いか確認して完了です。

ありがとうございました。

Read more

プジョー207でエアコンの冷風が出なくなってしまったので修理です、以前から効いたり効かなかったりがあったけど完全に効かなくなってしまったのと事です。

ガス漏れなどの異常は無く、エアコンON状態でもコンプレッサーが作動しません、どうやらサーモスタットの故障で電源が強制カットされているようなので交換します。

 

 

 

 

 

エアダクトやバッテリー、ベースを外してホース類を抜いてハウジングASSYを交換します。

 

 

 

 

 

新しい部品は水温センサーの位置が変わっているので配線の取り廻しを変えます。

すべて組み付けたらクーラント注入、エア抜き、漏れ点検をして完了です、コンプレッサーも作動してエアコンはきちんと効くようになりました。

この季節エアコン無しは耐えられませんよね💦ありがとうございました。

Read more

暑い日が続きますが熱中症などご注意ください、ユーカーズはお盆も元気に営業しております!

アルファロメオ147のエアコンが効かなくなったとの事で修理です。

 

 

 

 

 

クーラーガスは適量、コンプレッサーの電源も入ります、エンジンを止めてコンプレッサープーリーを手で回すとゴリゴリと嫌な音がします、コンプレッサー故障ですね。

 

 

 

 

 

ファンベルトカバー、サイドカバー、ファンベルトを外してコンプレッサーを取り外します。

今回、お客様と相談のうえ中古部品を手配しました、16,000km走行車の部品なのでかなり綺麗で状態が良かったです、Oリングは新品交換です、Oリングが2つで¥3,500程と高くてビックリです。

 

 

 

 

 

交換が終わったら、真空引き、リークテスト、ガスチャージ、WAKOSパワーエアコンプラスも添加しました、エアコンがしっかり冷えるのを確認して完了です。

ありがとうございました。

Read more

プジョー308の車検整備とエンジンオイル漏れ修理です。

 

 

 

 

 

漏れ箇所は毎度おなじみのオイルフィルターハウジングとタービンのオイルデリバリーパイプからです、オイルの焼ける臭いがしてきたら早めの修理が必要です。

 

 

 

 

 

エアダクト類、キャタライザー、タービンを外してフィルターハウジングまで辿り着きます。

 

 

 

 

 

フィルターハウジングのパッキンは例のごとくカリカリ状態です、デリバリーパイプはジョイントのカシメ部分から漏れるので丸ごと交換します。

 

 

 

 

 

タービン下のホース差し込み口のOリングも交換して、ガスケットも同時交換します。

元通り組み付けたらオイル漏れや排気漏れが無いか確認します。

 

 

 

 

 

ファンベルトは縦に裂け始めてたので危なかったですね、オイル・フィルター交換などして車検を通して完了です、ありがとうございました。

 

Read more

フォルクスワーゲンゴルフ6の車検整備と冷却水漏れ修理です。

冷却水が少しづつ減るようになり定期的に補充しているとの事で、漏れの点検修理を車検のついでに依頼されました。

 

 

 

 

 

ゴルフ6と聞いてまず思い浮かぶのがターボチャージャーのタービンへの冷却水デリバリーパイプの付け根からの漏れですがこの車もやはりそうでした、他からの漏れはありませんでした。

 

 

 

 

 

デリバリーパイプのOリングを交換します、付いていたOリングはつぶれて変形しOリングの意味を成していませんでした、パイプを外したタービン側はサビが出ているのでペーパーとブラシでサビ取りしておきます。

エンジンオイルのデリバリーパイプの付け根もオイルが滲んでいたのでこちらのOリングも交換します。

 

 

 

 

 

予防整備でエンジンブロックからタービン下側へのデリバリーパイプのガスケットも交換します。

下側のデリバリーパイプを外すには、エアコンコンプレッサーをずらしてキャタライザーを外します。

 

 

 

 

 

その他オイル・フィルター交換等を終えて車検を通して完了です、ありがとうございました。

Read more

プジョー207の車検整備です。

 

 

 

 

 

エンジンオイル・フィルター交換とWAKOSエコリフレッシュキット添加です、エコリフレッシュキットは車検毎がオススメです。

 

 

 

 

 

スパークプラグの消耗が進んでいるので交換します、イグニッションコイルはボッシュ製で今のところ問題なし。

 

 

 

 

 

ファンベルトは亀裂多のため交換、ドライブレコーダーが故障したので新たに付けてほしいと依頼がありドラレコ取り付け。

 

 

 

 

 

ヘッドライトの黄ばみくすみが酷いのでヘッドライト研磨コーティングをご依頼頂きました。

車検を通して完了です、ありがとうございました。

Read more

プジョー308の修理いろいろです。

まずはオイル漏れ修理から

 

 

 

 

 

オイルフィルターハウジングのパッキン交換をします、インマニを外してフィルターハウジングへアクセスします、ノンターボなので比較的ラクです。

 

 

 

 

 

ハウジングのあたり面はオイルストーンで慣らしておきます、パッキンはカチカチになっていてオイル漏れも仕方ないと言った感じでした。

 

 

 

 

 

バキュームポンプは取付面と本体のOリング交換です。

 

 

 

 

 

フィルターハウジングとバキュームポンプ双方からのオイル漏れで床に油だまりができるほどでしたがこれで大丈夫です。

 

 

 

 

 

続いて冷却水漏れ修理です、ウォーターポンプからかなり漏れています、こちらも床へポタポタと滴るほどでした。

 

 

 

 

 

ファンベルト、フリクションローラー、プーリーを外してウォポン本体を交換します。

 

 

 

 

 

エアコン冷風が出ないのはコンプレッサーの故障です、予算を抑えるために部品取り車の中古部品を使ったがそれも故障していたりで右往左往してしまい時間かかってしまいました。

 

 

 

 

 

結局、社外新品部品を手配して交換で無事に治りました、WAKOSパワーエアコンプラスも施工しておきます。

試運転と各箇所の漏れ点検して完了です、ありがとうございました。

Read more

アルファロメオ147のセレスピード変速不良修理です。

症状としては、2速から3速へ上がる時にギアが抜けてしまいニュートラルに入ったままになるというものです、エンジンを掛けなおすと1速に入るが走ると同じ症状になるようです。

セレスピード警告灯は点灯していません、セレユニットのオイル漏れは無くオイル量も正常です、ポンプの作動音が通常より長いです、アキュームレーター(油圧を貯めるタンク)の不良が濃厚です、今後の事も考えてポンプも同時交換します。

 

 

 

 

 

左ヘッドライトの奥にポンプがありますのでフロントバンパー及び左ヘッドライトを外して左フロントタイヤとフェンダーライナーも外します。

 

 

 

 

 

オイルラインを外して3箇所ナットを取って、ポンプを外します。

 

 

 

 

 

ポンプとワッシャー2枚を新品に交換します。

次にバッテリーと台座を外してアキュームレーターを交換します。

 

 

 

 

 

アキュームレーターの固定ベルトと邪魔になる左側のステーを外し、本体を27mmの薄型スパナで外します。

 

 

 

 

 

ポンプリレーも交換した形跡が無いので交換しておきます、場所はバッテリー左側の四角いボックス内です。

 

 

 

 

 

純正指定オイルのTutera cs speedを使用します。

テスターにてキャリブレーションを行い、試運転をして問題なく変速する事を確認して完了です、修理後は小気味よく変速するようになりました。

ありがとうございました。

 

 

Read more

ルーテシア ルノースポールの車検整備です。

 

 

 

 

 

エンジンオイル、オイルフィルターの交換はアンダーカバーを外します。

 

 

 

 

 

スパークプラグを交換します、イグニッションコイルはそれぞれ8mmボルト1本でとまっています、プラグはずいぶん劣化していました。

 

 

 

 

 

ファンベルトは右フロントタイヤとフェンダーライナーを外して交換します、オートテンショナーは16mmソケットで緩めます。

水捌けの悪くなったワイパーブレードも前後共に交換しました。

車検を通して完了です、ありがとうございました。

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。