部品

プジョー308SW オイル交換などです。

 

 

 

 

 

エンジンオイル&フィルター交換にオイルの減りが速いという事で、WAKOSパワーシールド添加です。

 

 

 

 

 

ラゲッジのルームランプをLEDへ変更します、T10のLEDバルブは輸入車対応のキャンセラ付タイプです。

あと写真撮り忘れましたがドラレコ取付けで完了です。

ありがとうございました。

Read more

プジョー207CCのお客様からエンジンチェックランプ点灯&アイドリング不調のご連絡があり車を見させて頂く事に、原因は毎度おなじみイグニッションコイル不良でしたが同時にラジエター冷却水漏れが発覚したのでそのまま預かる事に。

 

 

 

 

 

冷却水漏れの箇所はサーモスタットハウジングでした、一年程前にウォーターポンプ交換していますので今回はサーモハウジングとハウジングからウォーターポンプ間のデリバリパイプ、ヒーターホースを交換します。

 

 

 

 

 

デリバリーパイプは外す時に簡単に折れてしまったのでやはり同時交換が望ましいですね、新しいサーモハウジングは水温センサーの位置が変わっているのでコネクタ配線の取り廻しを変更して接続します。

 

 

 

 

 

イグニッションコイルは不具合箇所だけの交換でも大丈夫ですが、お客様と相談のうえスパークプラグも合わせて4本同時交換します。

冷却水注入後にエア抜きと漏れチェックして試運転でエンジンの復調を確認して完了です。

ありがとうございました。

Read more

プジョー308のテールレンズコネクター交換です。

テールレンズのウインカーが点灯しなくなってバルブを見ても切れていない場合、ほぼコネクターの焼き付きによる接触不良です。

 

 

 

 

 

今回のお客様は過去に左側の修理をさせて頂きましたが右も同様に点灯不良になったとの事で修理です、テールレンズを外してコネクターを見ると写真で分かるように端子部分が焼けていました。

コネクターと配線が入ったリペアキットがメーカーから出ているのでコネクターを組み替えます。

 

 

 

 

 

焼けている端子の配線を切って新品の配線に交換します、付属のカシメ端子は信用できないのでハンダ付けで接続してから新品のコネクターに差し込みます。

コネクターのリペアキットがもう少し安ければなぁと思いますが、直接続などが難しいので仕方ありません。

作業後、点灯確認して完了です、ありがとうございました。

Read more

プジョー307のヘッドカバーパッキン交換です。

以前オイル交換に来ていただいた時にオイル漏れが発覚し急遽部品を取り寄せる事になった車です。

 

 

 

 

 

センターカバーと補器類を外すと分割になったヘッドカバーを外せます、取付面をキレイに清掃してから組み付けます。

 

 

 

 

 

プラグホールにオイルが混入していたので清掃する為にプラグを外そうとしたら手回しで外せるくらい緩いので外して見てみるとプラグのガスケット部分が潰れていませんでした、お客様が以前ご自身で交換したと思うと仰っていたのでその時に締め付けが甘かったようです、プラグはガスケットが潰れるように締め付けなければいけません、緩いと圧縮抜けの原因になります、4本共にしっかり締め付けておきました。

オイル漏れは取り敢えず一番酷そうなヘッドカバー部分を治して、他は様子見してもらう事になりました、ありがとうございました。

 

Read more

ボルボC30のファンベルト交換です。

 

 

 

 

 

右フロントタイヤとフェンダーライナーを外して交換していきます、ベルトは2本使いで両方ともかなり亀裂だらけになっていました。

 

 

 

 

 

2本ともオートテンショナーを戻して交換するタイプなので比較的簡単に交換できます。

交換後にエンジンを掛けて取付状態を確認して完了です、ありがとうございました。

Read more

駐車場でトラックにぶつけられてリヤゲートに穴が開いてしまったので修理を依頼されたオデッセイが入庫しました。

 

 

 

 

 

リヤゲートの下部がえぐれて穴が開いてます、この箇所は樹脂製のパネルになっていて色付きで部品供給があるので交換できます。

上部はこすった跡と少し塗装が剥がれています、会社の同僚が相手なのであまり高額にならないようにとの事でしたので磨き作業と補修で済ませます。

 

 

 

 

 

パネルの取付けクリップがかなり硬化してしまっているのでなかなか外れません、外したクリップ穴も歪んでしまうのでハンマーでたたいて戻します。

ゲート上部を磨いて新品パネルを取り付けて完了です。

ありがとうございました。

Read more

プジョー207のドアロックが故障しているとの事で修理依頼を頂きました。

まずキーレスが効きません、お客様が電池交換したけどダメだったみたいです、それよりドアロックできないのが困るのでそちらから治したいとの事、外から運転席ドアでキーを廻しても運転席しかロックできません、連動のドアミラー開閉もしません、室内の集中ロックスイッチでは全ドア開閉できるので運転席ドアロックユニット故障と判断しました。

 

 

 

 

 

ドア内張りを外して、キーシリンダーとアウターハンドルを外しドアロックのワイヤー、コネクターを抜いたらドアロックを外します。

 

 

 

 

 

新品は高価なので中古部品を取り寄せました、元通り組み付けたらドアロックできるようになりました、ドアミラー開閉も連動します。

キーレスカバーの破損でキーが折り畳みできないし折れそうになっているのでカバー交換しました、キーレス自体の修理は保留となりました。

 

 

 

 

 

警告が出ていたナンバー灯バルブも交換します、細目のピッカーをレンズ横の穴に差し込みコジるとレンズが外れます。

別途ご依頼のエンジンオイル交換をして完了です。

ありがとうございました。

Read more

ミニクーパーSのフューエルポンプ交換です。

先日、エンジンが掛からなくなりロードサービスを呼んだところ作業員の方がフューエルポンプをコンコンしたら掛かったそうです、またいつどこで不動になるか不安なので交換してほしいと依頼を受けました。

 

 

 

 

 

リヤシート座面を外した助手席後部側が燃料ポンプです、丸蓋を外したら見えます、砂埃が凄いのでエアでキレイに飛ばしてから作業します。

 

 

 

 

 

リングキャップを廻して、ホースとコネクタを外し本体を取り出します、新品部品を逆の手順で組み付けます、ガソリンの臭いをかぐと頭痛がしてしまう私は鼻ティッシュをしながら作業します。

 

 

 

 

 

組付け後に試運転して燃料漏れなど無いか確認、別途ご依頼のエンジンオイル交換をして完了です。

ありがとうございました。

Read more

事故修理で入庫したアルファロメオ147にドラレコ取付けです。

 

 

 

 

 

ドラレコはユピテルWD310に変換ソケットを使用して取り付けます。

今回は事故修理で入庫したタイミングでドラレコ取付けを依頼されました、やはり事故などに合うとドラレコの必要性を感じるようですね。

その他、定期点検、オイル交換をして完了です。

ありがとうございました。

Read more

プジョー308のお客様よりオーバーヒートの連絡があり提携レッカー会社の友人に保険対応のロードサービス搬送をしてもらいました。

走行中にオーバーヒートするとともにラジエター冷却水が漏れ出てしまったとの事でした。

 

 

 

 

 

ボンネットを開けて見てみるとラジエターアッパーホースの差込口が割れて冷却水がダダ漏れです、この時点では冷却水が漏れてオーバーヒートしたのか、何かしらの原因でオーバーヒートしてアッパータンクがパンクしたのかわかりません、まずはラジエターを交換して原状復帰させます。

 

 

 

 

 

冷却水はわりと残っていました、ラジエターはフロントバンパーを外して固定部品を外します、エアダクト類などを外してラジエターホースも外します。

 

 

 

 

 

ラジエター本体と共にアッパーホース、ロワホース、リターンパイプも交換します、ラジエターを組み終えたらとりあえず水道水を入れて様子見します、水温が上がってもサーモスタットが開きません、どうやらオーバーヒートの原因がここにあったようです。

 

 

 

 

 

早速、部品を取り寄せて交換します、サーモスタットは3年前に冷却水漏れで新品交換していましたが故障してしまいました(悲)

交換後にエア抜き、試運転して完了です、ありがとうございました。

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。