部品

お客様の車両でジュリエッタのオイル漏れ修理等です。

元はエンジンの掛かり具合が悪い事での点検入庫でしたが、オイル漏れの酷さからこちらも修理する事となりました。

 

 

 

 

 

トップカバーとブローバイホースを外してイグニッションコイルを抜いてプラグを交換します、結果エンジンの掛かりはこれで改善されました、次はオイル漏れ修理です。

 

 

 

 

 

まずはヘッドカバーパッキンの交換です、結構な漏れ方をしていたので予想通りパッキンはカチカチになっていました。

 

 

 

 

 

次はTCTオイルリザーブタンクの取り付け部分のOリング交換です、ここも漏れやすい箇所ですね、邪魔になるエアダクトやラジエターアッパーホースを外してからタンクを脱着します。

 

 

 

 

 

作業工程で外したラジエターアッパーホースがオイルに晒され劣化がひどく破れる寸前だったので交換しました、見えづらい箇所なので気付けて良かったです。

 

 

 

 

 

サービスサポートの整備も実施してから、作業後に冷却水のエア抜きとオイル漏れチェックをして完了です。

ありがとうございました。

Read more

お客様の車両でミニクーパーのパワステオイル漏れ修理です。

さほど時間は掛からないので待ち作業で行います。

 

 

 

 

 

定番のリザーブタンク~ポンプ間のホースからの漏れです。

タンク内のオイルは極力抜き取ってから作業しますが、オイルを抜き取っていても結構残っているのでホース下側を外した時にオイルを被らないように気を付けます(以前もろに被ったことがあるので・・・)

 

 

 

 

 

この手のホースは張り付いていて外しにくい場合はカッターなどで少し切れ目を入れると外しやすいです。

交換後にこぼれたオイルの清掃と漏れ点検をして完了です。

ありがとうございました。

Read more

プジョー307の車検整備です。

 

 

 

 

 

フロントブレーキパッドの摩耗が限界を超えてローターを削ってしまっているので、パッド、ローター合わせて交換します。

 

 

 

 

 

パッドの片効きで外側のパッドだけかなり摩耗が進んでいました、原因はキャリパーブラケットのスライドピンの動きが悪い為なので、清掃してグリスの入れ替えをしておきました。

 

 

 

 

 

左のスタビライザーリンクロッドはジョイント部のブーツ破れがありましたので交換です、右側は以前交換してあるようでした。

 

 

 

 

 

助手席足元が湿っていてなにか漏れているとの事で調べたら、ヒーターパイプからの冷却水漏れでした、エンジンルーム側のヒーターホースを外して室内のヒーターコアをずらしながらパイプを外します。

 

 

 

 

 

パイプのOリングからの漏れなのでOリングのみの交換もできますが、部品代もさほど高くないのでパイプごと交換した方が安心です、交換後、エア抜きと漏れ点検をします。

その他、オイル、フィルター交換などをして車検を通して完了です。

ありがとうございました。

Read more

お客様の車両で冷間時の異音がするとの事で修理預かりです。

プジョーやシトロエンと共通のこのエンジンの場合、冷間時の『ガラガラ音』と言われるとまずタイミングチェーンテンショナーの劣化を考えます。

 

 

 

 

 

音を聞いた感じではやはりチェーンテンショナーが原因と思われるので交換します、エアクリーナー左側のダクトを外せばテンショナーが見えてきます、クランクポジションを固定しつつ交換します。

 

 

 

 

 

外したテンショナーは緩くなっていました、本来であればチェーンガイドなどへの影響も考えてチェーン一式交換が望ましいですが走行距離の少なさや予算の都合などを考慮して今回はテンショナーのみの交換にしました。

エンジンオイルの状態を見たところ、あまりオイル管理がよろしくなさそうでしたので、エンジンオイル、フィルター交換に合わせてワコーズフォアビークルシナジーの添加もしました。

テンショナー交換後は冷間時の異音も消えて試運転でも気持ち良くエンジンが回りました、お客様にはオイル管理の大切さもご説明したいと思います。

ありがとうございました。

Read more

お客様の車両で気づくとリヤゲートが開いているとのご相談です。

このあたりの車種にありがちなリヤゲートスイッチの故障またはパネル部分の返し爪の折れと思われます。

 

 

 

 

 

スイッチを触ったところパネル部分の戻りが悪いのでパネル交換します、ゲートの内張を外して10mmナット4本で止まっているガーニッシュを外します。

 

 

 

 

 

古いパネルは返し部分が折れています、パネルを元通り組み付けて完了です。

気づくとリヤゲートが開いていたりスイッチパネルがぷらぷらになっている場合は早急に交換しましょう、半ドアのまま室内灯が点きっぱでバッテリーあがりなんてこともあります。

Read more

お客様の車両でエアコンの風が出なくなってしまったプジョー207GT修理です。

グローブボックスを外してブロアファンを点検しましたがブロアファンは故障していませんでした、原因はファンの強弱を制御するファンレジスターでした。

 

 

 

 

 

ファンレジスターはブロアファンの下あたりについています、コネクターを2本外してビス1本外せば引き抜けます。

 

 

 

 

 

ファンレジスター故障の場合は送風が常にMAXになったり勝手に強弱したりすることもあります、今回のように風が全くでない場合、ヒューズ切れやブロアファンの故障も考えられるのでそちらも点検した方が良いですね。

 

 

 

 

 

エンジンマウント交換は、別途頼まれたオイル交換でドレンボルトを締め付けた時にエンジンが前後に大きく動くので良く見たら下側のものが断裂していたので相談のうえ交換しました。

 

 

 

 

 

走行中のエンジンは常に振動しています、それを3、4か所で車体へ支えつつ制振しているエンジンマウントは重要な役割をしているので断裂などの場合は即交換したほうが良いです。

お客様はこの時期で寒かったので助かりましたと帰って行かれました、ありがとうございました。

Read more

アルファ147のサービスサポートとマフラー交換です。

社外マフラーの音がうるさいとの事で純正マフラーへの交換になります。

 

 

 

 

 

切れていたマフラーハンガーブッシュは当店の解体車から外して付けておきました。

 

 

 

 

 

サービスサポートはエンジンオイル(WAKOSフォアビークルシナジー添加)オイルフィルター、エアコンフィルター、ワイパーブレードの交換と点検一式、テスター診断を行います。

すべての作業を終えたら室内清掃と洗車をして完了です。

ありがとうございました。

Read more

お客様の車両で、スマートフォーフォーのショックアブソーバー交換です。

ダンパーが抜けてしまい走行時にフロントがふわふわと揺れるとの事でした、乗ってみると確かにふわふわでした。

 

 

 

 

 

まずはアッパーマウントにアクセスする為、ボンネットとワイパー間の黒いパネルを外します、エンジンルーム内のボルト2本を外して後ろにスライドさせれば簡単に外れます。

 

 

 

 

 

ナックルとの連結、スタビリンク、ブレーキホース等を切り離してアッパーマウントのナット3本を外せば抜けます。

サスやアッパーマウントを組み替えるのでスプリングコンプレッサーを使いバラしていきます。

 

 

 

 

 

この車の場合、アッパーマウントやカバーブーツなどの部品供給がすでに無く再利用するので慎重に外していきます。

外したアブソーバーは指2本で上下できるほどへたっていました。

 

 

 

 

 

組み付け後、試運転して異常がない事を確認して完了です、希少な車なので長く乗って頂きたいですね。

ありがとうございました。

Read more

車検でお預かりのアルファブレラにドライブレコーダー取付のご依頼を頂きました。

取り付ける製品は、価格、品質共に満足度の高いコムテック製です。

 

 

 

 

 

右ピラーカバーと足元のパネルカバーを外して配線を取り回し、ソケット変換を使ってAAC及びアースを接続します、これで配線も隠せてスッキリします。

 

 

 

 

 

もはやカーパーツとして欠かせない存在となったドラレコですね、かなり安価な海外製の物もありますが壊れやすいのが現状です(当店もいくつか試しましたが自信を持って勧められるものはありませんでした)

車検のお客様にはキャンペーン価格にて取り付けしておりますので、この機会にぜひご依頼くださいませ。

Read more

車検でお預かりのクラウンのO2センサー交換です。

エンジンチェックランプ点灯は車検に通りませんので修理します。

 

 

 

 

 

テスター診断はセンサー故障(B1S1)です、運転席側のエキマニ部分です。

部品はお客様が手配した社外部品です。

 

 

 

 

 

少し狭いですが上から交換可能です、この箇所のO2センサー故障が一番多いようですね。

交換後テスターリセットして試運転でも問題ありませんでした、車検を通して完了です。

ありがとうございました。

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。