新着情報

昨日、当店のお客様で個人的な先輩でもあるオーナーのつけ麺屋さんに行ってきました。

お店は小牧市の『つけ麺まぜそば専門店えじまん』です、数年前に惜しまれながら閉店したものの、この度復活オープンすると聞いていたので楽しみにしていました。

(店舗写真は新規オープン前のものです)

開店時間の11時過ぎに到着するも早くも行列が・・・以前からのファンの方が大半のようでした。

私が注文したのは、エビ辛つけ麺全部乗せです、以前と変わらずとっても美味しかったです、締めの無料ごはんのおじやも美味しくて満足でした、次はとり塩つけ麺やまぜそばも食べたいですね。

興味のある方は行ってみて下さい。

#えじまん #つけ麺 #小牧市おいしいつけ麺 #えじまん復活 #エビ辛つけ麺 #まぜそば

Read more

アルファロメオ147のお客様から異音がするとの事で点検依頼を受けました。

走行時にリヤ廻りから異音がするとの事でした、試運転させてもらったらリヤからゴーっと異音がします、リフトアップしてタイヤを空転させると右側だけガリガリと嫌な音が鳴ります。

ハブベアリングの交換が必要ですね。

 

 

 

 

 

ブレーキキャリパー、ブラケット、ローターを外してからハブのセンターナットを外せばハブベアリングが抜けます、固着が酷い場合は専用工具を使います。

 

 

 

 

 

外したハブベアリング内部はサビが酷くグリスが茶色になっていました、新品部品を元通り組み付けて異音がしない事を確認して完了です。

交換前

交換後

試運転でも問題ありませんでした、ありがとうございました。

Read more

本年も残すところあと僅かとなりました。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。当社の年末年始の営業に関しまして、下記の通りお知らせいたします。

☆年末年始営業日程☆

12月29日(日)~1月3日(金)の間休業とさせて頂きます、1月4日(土)より平常営業させて頂きます。

尚、休業期間中の緊急連絡先として下記LINE@をご利用頂ければ幸いです(返信、ご連絡のタイムラグが生じます事をご了承ください)

来年もお客様にご満足頂けるサービスをご提供できますよう努めてまいります。

変わらぬご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

ユーカーズスタッフ一同

Read more

誠に勝手ながら10月5日(土)は臨時休業とさせて頂きます、よろしくお願い致します。

急なお車の事故やトラブルなど、緊急連絡先として下記LINE@をご利用頂ければ幸いです(返信、ご連絡のタイムラグが生じます事をご了承ください)

 

★U,CARS(ユーカーズ)★
〒486-0807
愛知県春日井市大手町4丁目10番地3
tel:0568-33-9938 fax:0568-33-9939
mail:u.cars.japan@gmail.com
open10:00~18:00
Read more

ニッサンクリッパートラック車検整備です。

 

 

 

 

 

エンジンオイル、フィルター交換とワイパーゴム交換。

 

 

 

 

 

ファンベルトの劣化でベルト鳴きが酷かったので3本交換、フロントタイヤは摩耗でワイヤー出ていたので交換。

その他、ブレーキ調整など行い車検を通して完了です。

ありがとうございました。

Read more

日頃は当店を御利用いただきましてありがとうございます。

ユーカーズはお盆期間中も休まず営業いたしております!(月曜定休)

お盆期間中のお車の事故やトラブルなど、緊急連絡先として下記LINE@をご利用頂ければ幸いです(返信、ご連絡のタイムラグが生じます事をご了承ください)

 

お盆期間中もオイル交換や点検など大歓迎です!お気軽にお問い合わせください!

★U,CARS(ユーカーズ)★
〒486-0807
愛知県春日井市大手町4丁目10番地3
tel:0568-33-9938 fax:0568-33-9939
mail:u.cars.japan@gmail.com
open10:00~18:00
Read more

 

今日も暑いところお疲れ様です。

別事業の立ち上げでずいぶんとレストア作業がストップしておりました。

最近ですが、良い溶接機と鉄パイプなど機材が揃ったので修理再開です。

先ずは、サイドシル内の及びジャッキポイント補強用のパイプを加工していきます。

裸の鉄なので当然錆びます。当然錆止め処理をします。

パイプ全長は6mありますが、少し寸法が足りないのと溶接が難しいので

半分にパイプをカットしました。

そして、ジャッキポイントと溶接できる箇所に仮溶接!

ノンガスの溶接機と初めての機種なので上手く溶接できません。

(仮付けでも恥ずかしい溶接なの今回は見せれません!)

後は錆止めを塗っているのではがしてから溶接!

(おいてあるだけでサビは進行してくるので先に錆止めを塗っときました。)

本当ならサビ止めを塗る前に溶接するのが良いのですが、

仕事が入ると作業が進めれない事が多いので、先に錆止め塗ってしまいました。

しかし、今の錆止めやサビの転換剤は非常に優秀で全く錆びていません。

ただこれから溶接していくので熱が加わると酸化するので、

きちっとサビ処理をしないと当然錆びます。

 

後はリアフェンダーの一部を成型していきます。

部品取り車ですが、

丁度いい感じにドアノブが無いのでそこからカット!

大きめに取りました。

カンカンたたいたり万力で曲げたりで

こんな感じに現車にプレスラインを合わせていきます。

 

これをもとのように溶接していきたいのですが!

ジャッキポイントとサイドシルの補強が先ですので

今日の作業はここまで!

以外に大変ですが、やれば出来るものです。

 

家庭電源でも対応出来る溶接機でノンガス半自動溶接機なのですが、

スパッタが多く細かな薄板などの溶接作業にはあまり向かないかな?

ただ100V用も200VもOKな機種なので200V電源用にコードを加工しました。

これぐらいの板厚なら200Vなら余裕で溶接可能です。

ただし溶接ワイヤーの送る速度やトーチの距離感が中々つかめないので

後は慣れるしかないですね。

スパッタが多いせいかワイヤーがすぐに詰まるので

チップは最初から多めに購入しといた方が良いです。

20年振りの溶接で恥ずかしい溶接になりましたが、後は練習あるのみです。

それではまた!

 

 

 

 

Read more

アルファロメオ147のセレスピード変速不良修理です。

症状としては、2速から3速へ上がる時にギアが抜けてしまいニュートラルに入ったままになるというものです、エンジンを掛けなおすと1速に入るが走ると同じ症状になるようです。

セレスピード警告灯は点灯していません、セレユニットのオイル漏れは無くオイル量も正常です、ポンプの作動音が通常より長いです、アキュームレーター(油圧を貯めるタンク)の不良が濃厚です、今後の事も考えてポンプも同時交換します。

 

 

 

 

 

左ヘッドライトの奥にポンプがありますのでフロントバンパー及び左ヘッドライトを外して左フロントタイヤとフェンダーライナーも外します。

 

 

 

 

 

オイルラインを外して3箇所ナットを取って、ポンプを外します。

 

 

 

 

 

ポンプとワッシャー2枚を新品に交換します。

次にバッテリーと台座を外してアキュームレーターを交換します。

 

 

 

 

 

アキュームレーターの固定ベルトと邪魔になる左側のステーを外し、本体を27mmの薄型スパナで外します。

 

 

 

 

 

ポンプリレーも交換した形跡が無いので交換しておきます、場所はバッテリー左側の四角いボックス内です。

 

 

 

 

 

純正指定オイルのTutera cs speedを使用します。

テスターにてキャリブレーションを行い、試運転をして問題なく変速する事を確認して完了です、修理後は小気味よく変速するようになりました。

ありがとうございました。

 

 

Read more

車検で入庫のルノーカングーにドライブレコーダーを取付けます。

ドラレコはお客様持ち込みで前後カメラタイプです。

 

 

 

 

 

リヤカメラはバックカメラ兼用タイプで外付けです、リヤ映像は常時録画ですが、シフトをバックに入れるとモニターの映像が切り替わりガイドライン表示が出るという便利なものです。

 

 

 

 

 

バックカメラとしてもリヤドラレコとしても使える写り方なカメラ位置に取付けします、フロントカメラはモニター一体型で取付けも楽でした。

こういったパネルを削ったり穴開けしたりの加工を要するパーツの取付けはやっていて楽しいですね。

他の車検整備をして検査を通して完了です、ありがとうございました。

Read more

お客様の車両でジュリエッタのオイル漏れ修理等です。

元はエンジンの掛かり具合が悪い事での点検入庫でしたが、オイル漏れの酷さからこちらも修理する事となりました。

 

 

 

 

 

トップカバーとブローバイホースを外してイグニッションコイルを抜いてプラグを交換します、結果エンジンの掛かりはこれで改善されました、次はオイル漏れ修理です。

 

 

 

 

 

まずはヘッドカバーパッキンの交換です、結構な漏れ方をしていたので予想通りパッキンはカチカチになっていました。

 

 

 

 

 

次はTCTオイルリザーブタンクの取り付け部分のOリング交換です、ここも漏れやすい箇所ですね、邪魔になるエアダクトやラジエターアッパーホースを外してからタンクを脱着します。

 

 

 

 

 

作業工程で外したラジエターアッパーホースがオイルに晒され劣化がひどく破れる寸前だったので交換しました、見えづらい箇所なので気付けて良かったです。

 

 

 

 

 

サービスサポートの整備も実施してから、作業後に冷却水のエア抜きとオイル漏れチェックをして完了です。

ありがとうございました。

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。