愛知県輸入車販売修理

1シリーズのお客様から、雨降りのあとヘッドライトに水が溜まるので対策をとのご依頼です。

 

 

 

 

 

水が混入するのは右のヘッドライトです、フロントバンパーを外してからヘッドライトを外します。

外したヘッドライトには結構水が溜まっていました、まずはハルブ類を外して天日干しして内部を乾燥させます。

 

 

 

 

 

ヘッドライトに破損等はないので、レンズの合わせ面からの混入っぽいので合わせ面を一周コーキングしました。

反対側のヘッドライトを見るとすでにコーキングしてありました、お客様は知らないそうなので前オーナー時にやったものと思われます。

別途ご依頼のオイル交換等を済ませて完了です、ありがとうございました。

 

Read more

ベルト廻りからの異音があるニッサンノートです。

ベルト鳴きでもなく、聞き馴染みのない異音なのでファンベルトを外して各プーリーを見ましたが明らかにおかしい箇所は無く分かりずらかったですが、ウォーターポンプに若干の違和感を感じウォーターポンプ交換する事に。

 

 

 

 

 

ウォポンプーリーを外してウォポンを止めているボルトを抜いていきます。

 

 

 

 

 

ウォポンを交換したらLLCを入れてエア抜きして完了です、交換後は異音は無くなりました。

ありがとうございました。

Read more

エアコンの風が出ないので修理依頼のダイナトラックです。

 

 

 

 

 

スイッチ類に問題は無さそうなのでブロアモーターまでの電源を見てみると電気は来ていました、電気が来ている状態でモーター部分をコンコン叩くと微妙に回ろうとしている音がしました、モーター故障です。

新品モーターにファンを付け替えて元通り組み付けます、ファンレジスターも安いので同時交換します。

交換後はきちんと動作し快適に送風されるようになりました、ありがとうございました。

 

Read more

エンジン不調のプジョー308が入庫しました。

テスターで見てみると燃料高圧ポンプのエラーコードが入っているので、早速部品を手配して交換していきます。

 

 

 

 

 

邪魔になるエアダクトやバッテリーなどを取り外してポンプへアクセスします。

 

 

 

 

 

部品は純正部品を手配しました、驚いたのは数年前に比べ部品価格がかなり値上がっていた事です、かといってネットに出回っている出所のわからない格安社外品は、以前お客様の持ち込みで交換したらいきなり作動しなかった苦い思い出がありますので手が出せません、自分の車なら試してみる価値はありそうですが。

 

 

 

 

 

交換後に初期設定と試運転をして問題ありませんでしたので完了です、ありがとうございました。

Read more

エンジンが掛からなくなってしまったルノースポールがレッカー入庫しました。

セルモーターは元気よく廻りますが全くかかりません。

 

 

 

 

 

テスターで見ると、クランクポジションセンサーの故障コードが入っています、わりと故障するようですね、念のため配線の断線等も見ましたが大丈夫そうなので部品を手配します。

 

 

 

 

 

交換は取付けボルト1本なので至って簡単です、交換後はすぐエンジン掛かるようになりました。

試運転もして問題なさそうなので完了です、ありがとうございました。

Read more

レッカー業者様からの紹介で、バッテリーあがりのトゥインゴを近くの公園から引き揚げてきました。

バッテリーの寿命なので交換する事になりました。

 

 

 

 

 

ボンネットはグリルにあるキーシリンダーでロックを解除して左右のレバーを引いてから前方向にスライドさせます、初見では分かり難いですね

 

 

 

 

 

電源のバックアップを取ってから交換しますが、バッテリーを抜く時にボンネットに干渉してしまうのでボンネットを外して交換します。

交換後メモリーの確認等して完了です、ありがとうございました。

Read more

エンジンチェックランプが点灯してアイドリングが不安定になっているミラジーノが入庫しました。

 

 

 

 

 

テスターで見てみると、イグニッションコイル不良のエラーコードが入っています。

イグニッションコイルの振り替えテストをすると、2番シリンダーのコイル不良でした。

 

 

 

 

 

お客様と相談のうえ、コイル3本とスパークプラグも同時交換しました。

交換後は問題ありませんでしたので完了です、ありがとうございました。

Read more

ゴルフ6のお客様から、ラジエター冷却水が減るとの事で修理依頼です。

 

 

 

 

 

エンジンルームから見るとタービン冷却用のデリバリーパイプの差込口から冷却水が漏れていて、アンダーカバーを外して下から見るとエンジンオイルが漏れた形跡もあります。

オイルが垂れている箇所からするに、こちらもタービンへのデリバリーパイプと思われます。

 

 

 

 

 

エアコンコンプレッサーをずらしてキャタライザーを外すと、やはりタービンへ繋がるパイプから漏れていましたので部品を注文します。

 

 

 

 

 

冷却水のデリバリーパイプはOリングを交換します、Oリングは固くなり千切れている箇所もありました。

 

 

 

 

 

オイルのデリバリーパイプは中間のメッシュ部分が怪しかったのでパイプごと交換します、キャタライザーのガスケット類も同時交換します。

交換後に各所の漏れチェックをして完了です、ありがとうございました。

Read more

ワゴンRのお客様からエアコンの風が出ないとの事で修理依頼です。

送風スイッチを入れても風がまったく出ない症状です、スイッチを入れた時のブロアモーターまでの電源はきちんとオンオフされています、ブロアモーターの単体テストをしてもモーターが作動しませんのでモーター故障ですね。

 

 

 

 

 

助手席足元にあるブロアモーターを外します、今回はなるべく安価に修理したいとの意向でしたのでモーターは社外品を手配しました、レジスターは純正でも安価なので同時交換しておきます。

交換後に作動確認をして完了です、ありがとうございました。

Read more

カングーのお客様から『駐車場から出ようとしたらシフトレバーの動きがおかしくなりエンジンも掛からなくなってしまった』と連絡があり車がレッカー入庫しました。

入庫した状態を見てみると、シフトレバーはPの位置にあるがメーター表示はRとなっていてシフトロックが掛かっているのでなんともならない状態でした。

 

 

 

 

 

取り敢えずシフトパネルを外してシフトロック解除ボタン(シフト手前右寄りのボタン)でロック解除したらシフトレバーはブラブラ状態なのでシフトワイヤーが外れていると思われます。

 

 

 

 

 

車を上げて遮熱板とシフト下のパネルを外したら、やはりシフトレバーとワイヤーのリンク部分が外れていました、この車ではよくある症例のようですね。

この状態でシフトワイヤーを動かしてシフトをPに入れたらエンジンも掛かりました。

 

 

 

 

 

原因はリンクブッシュが劣化してバラバラになった事です、これブッシュにワイヤー先端のリングがハメ込んであるだけなので何とも心もとない造りですね、部品供給はワイヤーASSYで高額ですが社外品でブッシュ単品が販売されているのでお客様と相談のうえブッシュのみを交換しました。

交換後の動作確認も問題ありませんでしたので大丈夫そうです、ありがとうございました。

 

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。