プジョー508 サーモスタット&ウォーターポンプ交換

プジョー508のお客様からラジエター冷却水が微妙に減っていくとの事で点検修理です。

 

 

 

 

 

漏れ箇所はサーモスタットハウジングからでしたが下回りにはっきりと漏れている形跡がないと思っていたら漏れた冷却水が固形化していました。

 

 

 

 

 

冷却水を抜いてサーモハウジングを外していきます、ハウジングからヒーターホースを抜く時にハウジングのパイプが折れました、かなり劣化しているようです。

 

 

 

 

 

ウォーターポンプが対策前のものだったので、いずれ漏れるだろうという事でお客様と相談のうえ交換する事になりました。

 

 

 

 

 

メーカーからウォーターポンププーリーの同時交換を推奨されたので交換する事に、外したプーリーを見てみると納得の状態でした、ウォーターポンプは対策品です。

 

 

 

 

 

サーモハウジングからウォーポンまでのデリバリパイプも良く漏れるので交換します、やはり外す時に先端が欠けました、分岐ホースも交換です。

この車のヒーターホースはバンド止めではなくOリング付きのロックタイプなので再利用はせず価格も安価なので新品交換します。

WAKOSパワークーラント注入後にエア抜きと漏れ点検して完了です、ありがとうございました。

 

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。