プジョー

プジョー308のテールレンズコネクター交換です。

テールレンズのウインカーが点灯しなくなってバルブを見ても切れていない場合、ほぼコネクターの焼き付きによる接触不良です。

 

 

 

 

 

今回のお客様は過去に左側の修理をさせて頂きましたが右も同様に点灯不良になったとの事で修理です、テールレンズを外してコネクターを見ると写真で分かるように端子部分が焼けていました。

コネクターと配線が入ったリペアキットがメーカーから出ているのでコネクターを組み替えます。

 

 

 

 

 

焼けている端子の配線を切って新品の配線に交換します、付属のカシメ端子は信用できないのでハンダ付けで接続してから新品のコネクターに差し込みます。

コネクターのリペアキットがもう少し安ければなぁと思いますが、直接続などが難しいので仕方ありません。

作業後、点灯確認して完了です、ありがとうございました。

Read more

プジョー307のヘッドカバーパッキン交換です。

以前オイル交換に来ていただいた時にオイル漏れが発覚し急遽部品を取り寄せる事になった車です。

 

 

 

 

 

センターカバーと補器類を外すと分割になったヘッドカバーを外せます、取付面をキレイに清掃してから組み付けます。

 

 

 

 

 

プラグホールにオイルが混入していたので清掃する為にプラグを外そうとしたら手回しで外せるくらい緩いので外して見てみるとプラグのガスケット部分が潰れていませんでした、お客様が以前ご自身で交換したと思うと仰っていたのでその時に締め付けが甘かったようです、プラグはガスケットが潰れるように締め付けなければいけません、緩いと圧縮抜けの原因になります、4本共にしっかり締め付けておきました。

オイル漏れは取り敢えず一番酷そうなヘッドカバー部分を治して、他は様子見してもらう事になりました、ありがとうございました。

 

Read more

プジョー508のお客様からラジエター冷却水が微妙に減っていくとの事で点検修理です。

 

 

 

 

 

漏れ箇所はサーモスタットハウジングからでしたが下回りにはっきりと漏れている形跡がないと思っていたら漏れた冷却水が固形化していました。

 

 

 

 

 

冷却水を抜いてサーモハウジングを外していきます、ハウジングからヒーターホースを抜く時にハウジングのパイプが折れました、かなり劣化しているようです。

 

 

 

 

 

ウォーターポンプが対策前のものだったので、いずれ漏れるだろうという事でお客様と相談のうえ交換する事になりました。

 

 

 

 

 

メーカーからウォーターポンププーリーの同時交換を推奨されたので交換する事に、外したプーリーを見てみると納得の状態でした、ウォーターポンプは対策品です。

 

 

 

 

 

サーモハウジングからウォーポンまでのデリバリパイプも良く漏れるので交換します、やはり外す時に先端が欠けました、分岐ホースも交換です。

この車のヒーターホースはバンド止めではなくOリング付きのロックタイプなので再利用はせず価格も安価なので新品交換します。

WAKOSパワークーラント注入後にエア抜きと漏れ点検して完了です、ありがとうございました。

 

Read more

お客様のプジョー308が走行中にラジエター冷却水が大量に漏れて蒸気があがり走行不能となりレッカー入庫しました。

 

 

 

 

 

漏れの原因はラジエターアッパータンクに20cmほどの亀裂が入ったためでした。

ラジエター本体と上下ホース、リターンパイプに加え、今後同様の漏れが懸念されるウォーターポンプとデリバリーパイプも同時交換します。

 

 

 

 

 

ラジエターを外す為にフロントバンパーを外します、ラジエターを交換したらホース取付前にウォーターポンプの交換をすすめます。

 

 

 

 

 

ファンベルト、フリクションローラー、ウォポンプーリー、ウォポン本体の順に外していきます、ウォポンが外れた状態でウォポンからサーモハウジングへのデリバリーパイプも交換します。

 

 

 

 

 

デリバリーパイプも劣化して割れて漏れを起こす箇所なので同時交換が望ましいです、案の定今回も外す時に簡単に割れてしまいました、デリバリーパイプはウォポンが外れた状態の方が作業しやすいです。

デリバリーパイプを外すにはサーモハウジングの脱着が必要です、この車は以前サーモハウジングを交換しているので今回は脱着のみです、パイプを交換したらウォポンを組み付けていきます。

 

 

 

 

 

ついで作業で割れたアンダーカバーとカバー留め具がもげてしまったフェンダーライナーも交換依頼を受けました。

交換作業後、エア抜きと各所の漏れ確認をして完了です、ありがとうございました。

 

 

Read more

プジョー308のオイル漏れ修理です。

 

 

 

 

 

漏れ箇所はタービンのオイルデリバリーパイプからです、オイルの焼ける臭いがするのとアイドリングしていると床にポタポタ垂れてくるほどなので早急に修理します。

 

 

 

 

 

オイルデリバリーパイプを交換するなら、いづれオイル漏れするであろうオイルフィルターハウジングのパッキンも同時交換します。

 

 

 

 

 

ヘッドカバーからのオイル漏れもあるのでこちらもパッキン交換していきます。

 

 

 

 

 

元通り組み付けてオイル漏れ、水漏れの確認をしたら完了です。

ありがとうございました。

 

Read more

エンジン不動のプジョー308が入庫です、お客様に状況を聞くとバッテリーが怪しいですが念のため友人のレッカー会社に依頼してレッカー入庫となりました、保険ロードサービス対応で融通も利くのでいつも助かってます。

原因はやはりバッテリー不良でした、お客様からオイル漏れが酷いので入庫ついでに修理を依頼されました。

 

 

 

 

 

下回りを覗くとオイルフィルターハウジング下あたりに漏れが有ります、アイドリングしているとポタポタたれてきますので要修理ですね。

エアダクトや遮熱板、O2センサーを外してキャタライザーを抜きます。

 

 

 

 

 

キャタライザー裏の遮熱板を外すとフィルターハウジングからの漏れが良く分かります。

 

 

 

 

 

フィルターハウジングパッキンとタービンのオイルデリバリーパイプも交換します、タービン下のホースOリングも交換します、これらの作業はタービンを外してしまった方が楽なので新品ガスケットも用意しておきます。

 

 

 

 

 

オイルパン合わせ面からも多少オイル漏れがあるので液体ガスケットの塗り替えをします、古い液体ガスケット剥がしが面倒ですがキレイに剥がさないといけません。

 

 

 

 

 

フィルターハウジング合わせ面もオイルストーンなど使ってキレイにします、ハウジング、タービン、パイプなど組み付けてキャタライザーを取り付けていきます。

すべて元通りに組んだら、冷却水、オイルを補充して、試運転をある程度して漏れが無い事を確認して完了です。

ありがとうございました。

Read more

プジョー207のドアロックが故障しているとの事で修理依頼を頂きました。

まずキーレスが効きません、お客様が電池交換したけどダメだったみたいです、それよりドアロックできないのが困るのでそちらから治したいとの事、外から運転席ドアでキーを廻しても運転席しかロックできません、連動のドアミラー開閉もしません、室内の集中ロックスイッチでは全ドア開閉できるので運転席ドアロックユニット故障と判断しました。

 

 

 

 

 

ドア内張りを外して、キーシリンダーとアウターハンドルを外しドアロックのワイヤー、コネクターを抜いたらドアロックを外します。

 

 

 

 

 

新品は高価なので中古部品を取り寄せました、元通り組み付けたらドアロックできるようになりました、ドアミラー開閉も連動します。

キーレスカバーの破損でキーが折り畳みできないし折れそうになっているのでカバー交換しました、キーレス自体の修理は保留となりました。

 

 

 

 

 

警告が出ていたナンバー灯バルブも交換します、細目のピッカーをレンズ横の穴に差し込みコジるとレンズが外れます。

別途ご依頼のエンジンオイル交換をして完了です。

ありがとうございました。

Read more

プジョー407SWの修理と車検です。

アイドリング不調でエンジンチェックランプ点灯しているので修理しないと車検に通りません、テスターでみたところ3番6番シリンダーのミスファイアのコードが入っていました、定番のイグニッションコイル不良と思われます。

 

 

 

 

 

V6エンジンの奥バンク側のイグニッションコイルはインテークマニホールドを外さなければ交換できません、7本のビスとコネクター類、エアダクトを外してインマニ手前を持ち上げ右へスライドさせながら外します。

 

 

 

 

 

お客様と相談のうえ、奥バンク側の他のコイルが今後不良を起こすとめんどうなので奥バンク側は3本共交換、手前側は不良の1本のみ交換、スパークプラグは6本すべて交換する事になりました。

交換後はアイドリングも安定してチェックランプもリセット後は点灯する事はありませんでした。

 

 

 

 

 

エンジンオイル、フィルター交換、ブレーキランプバルブ交換の他にフューエルキャップ、フロントブレーキパッド、タイヤ4本交換して検査を通して完了です。

こちらのお客様は、最近近所にお引越ししてこられたそうでネットで当店を検索してもらいご依頼を頂いたご新規さんです、今後ともよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

 

Read more

プジョー206の車検整備です。

エンジンオイル、オイルフィルター交換。

 

 

 

 

 

ファンベルト交換、その他タイヤローテなど、ブレーキ廻り等問題ありませんでした。

ありがとうございました。

Read more

プジョー308のお客様よりオーバーヒートの連絡があり提携レッカー会社の友人に保険対応のロードサービス搬送をしてもらいました。

走行中にオーバーヒートするとともにラジエター冷却水が漏れ出てしまったとの事でした。

 

 

 

 

 

ボンネットを開けて見てみるとラジエターアッパーホースの差込口が割れて冷却水がダダ漏れです、この時点では冷却水が漏れてオーバーヒートしたのか、何かしらの原因でオーバーヒートしてアッパータンクがパンクしたのかわかりません、まずはラジエターを交換して原状復帰させます。

 

 

 

 

 

冷却水はわりと残っていました、ラジエターはフロントバンパーを外して固定部品を外します、エアダクト類などを外してラジエターホースも外します。

 

 

 

 

 

ラジエター本体と共にアッパーホース、ロワホース、リターンパイプも交換します、ラジエターを組み終えたらとりあえず水道水を入れて様子見します、水温が上がってもサーモスタットが開きません、どうやらオーバーヒートの原因がここにあったようです。

 

 

 

 

 

早速、部品を取り寄せて交換します、サーモスタットは3年前に冷却水漏れで新品交換していましたが故障してしまいました(悲)

交換後にエア抜き、試運転して完了です、ありがとうございました。

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。