プジョー

プジョー207CCの車検整備です。

 

 

 

 

 

エンジンオイル&フィルター交換にワコーズエンジンパワーシールドを添加します、エアエレメント交換。

 

 

 

 

 

エアコンフィルターとワイパーブレードを交換したらラジエター冷却水漏れの修理です、漏れ箇所はウォーターポンプです。

ウォーターポンプとはドライブベルトにより内部のプロペラを回転させて冷却水をエンジン内に循環させる部品です。

 

 

 

 

 

ファンベルトを外して、フリクションローラーとウォーターポンププーリーを外します、残るウォポン本体を外します、冷却水はあらかじめ抜いてあります。

 

 

 

 

 

逆の手順で新品部品を組み付けていきます、新品のウォポンは色と材質が違います、ウォポンからの水漏れは国産輸入車問わず水漏れ箇所の代表格と言って良いでしょう。

 

 

 

 

 

ラジエターリザーブタンクからも多少ですが水漏れがあったので、タンク、ホース、リターンパイプも交換しました、ウォッシャータンクのキャップもつけておきました(これがまた良く割れる)

作業後、エア抜き、漏れチェックをして完了です、ありがとうございました。

Read more

プジョー207の車検整備です。

 

 

 

 

 

サービスサポートに加入頂いておりますので、まずはエンジンオイル交換と合わせてワコーズFV添加します。

次はリヤブレーキパッド交換です。

 

 

 

 

 

リヤはキャリパーピストンを回しながら押し込むタイプのSSTを使います。

 

 

 

 

 

ヘッドライト検査の光量が足りない程に曇ってしまったヘッドライトを蘇らせます。

ライト廻りをマスキングしてペーパーを粗目から順に段階的にムラなくかけていきます。

ペーパー後にポリッシャーを使い専用コンパウンドで磨きます、この時点でほぼクリアさを取り戻します。

 

 

 

 

 

磨き後に表面を脱脂剤で拭き上げて、ヘッドライト用コーティング剤を塗布します、コーティングする事によってクリアな状態を長期間保持します。

その他、タイヤ交換などを終えて車検を通して完了です、ありがとうございました。

Read more

プジョー307の水漏れ修理です。

車を停めておくと下に水たまりができるほど漏れていました、漏れ箇所はサーモスタットハウジングからでした。

 

 

 

 

 

エンジンを掛けているとみるみるうちにサーモハウジング周辺から漏れ出します、エアクリーナーBOXやダクトを外していきます。

 

 

 

 

 

アッパーホースと配線クランプなどを外してハウジングを外しつつヒーターホースも外します。

ハウジング取付面はオイルストーンで研磨しておきます、今回はアッパーホースも一緒に交換しておきます。

 

 

 

 

 

取り外したサーモハウジングはパッキンもダメでしたが、写真でも分かるようにハウジングそのものにいくつか欠けがあり寿命が来たと言った感じでした。

交換後、エア抜きできたら試運転と漏れ点検して完了です。

ありがとうございました。

Read more

プジョー308SWのブレーキパッド&ローター交換です。

 

 

 

 

 

ブレーキパッドの残量は2mm程度でローターもかなり摩耗していたので同時交換です。

 

 

 

 

 

ブレーキキャリパーを外してワイヤーで吊っておきます、次にキャリパーブラケットとローターを外します。

 

 

 

 

 

先にパッドの面取りとローターに多少ペーパーを当てておきます、ローターはサビ止め剤が塗布してあるものはパーツクリーナーで落とします。

新品部品を元通り組み付けて試運転で異常の無い事を確認したら完了です。

ありがとうございました。

Read more

プジョー207の車検整備です。

まずはエンジンオイル・オイルフィルター交換とWAKOSエコリフレッシュキット施工です。

 

 

 

 

 

ブレーキパッドの残量がほぼゼロになっているので交換します、ブレーキローターの摩耗が酷いのでこちらも交換です。

 

 

 

 

 

輸入車の場合、ブレーキローターの摩耗も早いので消耗品扱いである程度で交換が必要です。

ローターの新旧部品を比べると摩耗が一目瞭然です。

 

 

 

 

 

あとはファンベルトが劣化しているので交換します、上からテンショナーを固定してからウォポン用アイドラーのスライドピンを引っ張りながらベルトを外します。

 

 

 

 

 

作業完了後に車検を通して完了です。

ありがとうございました。

Read more

プジョー307の車検整備です。

 

 

 

 

 

フロントブレーキパッドの摩耗が限界を超えてローターを削ってしまっているので、パッド、ローター合わせて交換します。

 

 

 

 

 

パッドの片効きで外側のパッドだけかなり摩耗が進んでいました、原因はキャリパーブラケットのスライドピンの動きが悪い為なので、清掃してグリスの入れ替えをしておきました。

 

 

 

 

 

左のスタビライザーリンクロッドはジョイント部のブーツ破れがありましたので交換です、右側は以前交換してあるようでした。

 

 

 

 

 

助手席足元が湿っていてなにか漏れているとの事で調べたら、ヒーターパイプからの冷却水漏れでした、エンジンルーム側のヒーターホースを外して室内のヒーターコアをずらしながらパイプを外します。

 

 

 

 

 

パイプのOリングからの漏れなのでOリングのみの交換もできますが、部品代もさほど高くないのでパイプごと交換した方が安心です、交換後、エア抜きと漏れ点検をします。

その他、オイル、フィルター交換などをして車検を通して完了です。

ありがとうございました。

Read more

お客様の車両で気づくとリヤゲートが開いているとのご相談です。

このあたりの車種にありがちなリヤゲートスイッチの故障またはパネル部分の返し爪の折れと思われます。

 

 

 

 

 

スイッチを触ったところパネル部分の戻りが悪いのでパネル交換します、ゲートの内張を外して10mmナット4本で止まっているガーニッシュを外します。

 

 

 

 

 

古いパネルは返し部分が折れています、パネルを元通り組み付けて完了です。

気づくとリヤゲートが開いていたりスイッチパネルがぷらぷらになっている場合は早急に交換しましょう、半ドアのまま室内灯が点きっぱでバッテリーあがりなんてこともあります。

Read more

お客様の車両でエアコンの風が出なくなってしまったプジョー207GT修理です。

グローブボックスを外してブロアファンを点検しましたがブロアファンは故障していませんでした、原因はファンの強弱を制御するファンレジスターでした。

 

 

 

 

 

ファンレジスターはブロアファンの下あたりについています、コネクターを2本外してビス1本外せば引き抜けます。

 

 

 

 

 

ファンレジスター故障の場合は送風が常にMAXになったり勝手に強弱したりすることもあります、今回のように風が全くでない場合、ヒューズ切れやブロアファンの故障も考えられるのでそちらも点検した方が良いですね。

 

 

 

 

 

エンジンマウント交換は、別途頼まれたオイル交換でドレンボルトを締め付けた時にエンジンが前後に大きく動くので良く見たら下側のものが断裂していたので相談のうえ交換しました。

 

 

 

 

 

走行中のエンジンは常に振動しています、それを3、4か所で車体へ支えつつ制振しているエンジンマウントは重要な役割をしているので断裂などの場合は即交換したほうが良いです。

お客様はこの時期で寒かったので助かりましたと帰って行かれました、ありがとうございました。

Read more

プジョー207の車検整備です。

 

 

 

 

 

エンジンオイル交換と車検時にオススメのWAKOSエコリフレッシュキット施工します。

ファンベルトに亀裂ありで交換します。

 

 

 

 

 

上からオートテンショナーを伸縮固定して、下からアイドラーのダンパーを緩めながら外して交換します。

 

 

 

 

 

切れかかっているフォグランプバルブを左右同時交換です。

以前、ABSユニット修理をしましたがそちらは問題なさそうですね。

ありがとうございました。

Read more

お客様の車両でフロントバンパーにキズ多数の為交換です。

 

 

 

 

 

バンパーはお客様が中古で購入されたものでわりと優良品でした。

キズの多いものからキレイなバンパーに変わりました。

 

 

 

 

 

いざナンバーを付けようとしたらナンバーボルトがねじ切れた状態で付いていました、そのままでは抜けないのでナンバーベースを外して、ラスペネをたっぷりふりかけて裏からバイスグリップで外しました、ナンバーベースを元通りリベット止めして完了です。

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。