プジョー

以前、水漏れ修理などをしたプジョー3008の追加修理です。

 

 

 

 

 

テスター診断で燃料高圧ポンプの不良がでています、部品が届いたので早速交換します。

 

 

 

 

 

エアダクト類を外して燃料ラインとコネクターを外してから本体を取り外します、あらかじめ燃圧は抜いておきます。

 

 

 

 

 

新品部品を取り付けたらテスターで部品交換設定をしてから試運転して完了です、今回は念のため長めの試運転をさせて頂きましたが問題なさそうです。

ありがとうございました。

Read more

以前、エンジンオイル交換時に発覚したプジョー308(T9)のオイル漏れ事例です、修理と言うほどではありませんが良く漏れる箇所なので。

 

 

 

 

 

エンジンブロックに付いているグロメットからのオイル漏れです、けっこうな量が漏れて下まで垂れてきていました、外した部品のゴムパッキンは固くなっていて触ると割れてしまうほどでした。

 

 

 

 

 

グロメットを外して付け替えるだけの簡単な作業です、交換後に周辺を清掃して他の箇所からの漏れが無いか今後様子見です。

ありがとうございました。

Read more

エンジン不調でレッカー入庫のプジョー207CCです。

エンジンチェックランプ点灯とともに不調になり、アクセルを踏み込んでもパワー出ず走らない症状です、早速テスターで診断するとVVTモーター作動不良のエラーが入っています。

 

 

 

 

 

VVTモーターの位置はエンジン向かって右奥に付いています、エアダクトとエアクリーナーボックスを外すと見えます。

 

 

 

 

 

スペースはわりとあるので作業はしやすいです、BMWに比べれば手間は少ないですね、今回はモーターとガスケットを新品交換します。

 

 

 

 

 

新品部品を取り付けたらテスターで部品の初期設定をして試運転します。

試運転では問題ありませんでしたが、この手の故障は原因がいくつかある事もあるので、お客様に説明してしばらく様子見してもらいます(後日状況を伺ったら調子良く、以前たまにあった加速時の息継ぎもしなくなったとの事でした)

ありがとうございました。

 

Read more

プジョー308SW オイル交換などです。

 

 

 

 

 

エンジンオイル&フィルター交換にオイルの減りが速いという事で、WAKOSパワーシールド添加です。

 

 

 

 

 

ラゲッジのルームランプをLEDへ変更します、T10のLEDバルブは輸入車対応のキャンセラ付タイプです。

あと写真撮り忘れましたがドラレコ取付けで完了です。

ありがとうございました。

Read more

プジョー3008の水漏れ修理などです。

新規のお客様でネットを見てお問い合わせ頂きました、エンジンチェックランプ点灯と冷却水漏れの点検修理をご依頼頂きました。

 

 

 

 

 

ミッションケース裏あたりに冷却水が漏れてきています、だいたい予想はつきますが確認するとやはりサーモスタットハウジングから漏れていました、部品を取り寄せて交換していきます、まず冷却水を抜きます。

 

 

 

 

 

エアダクトやバッテリー、バッテリーベースを外してサーモハウジングに辿り着きます、今回はデリバリパイプと分岐ホースは同時交換しますがヒーター及びラジエターホースは再利用します。

 

 

 

 

 

車両側コネクターが4ピンなので変換コネクターが必要です、元通り組み付けてエア抜き漏れ点検します。

 

 

 

 

 

冷却水が適量入っているのに警告灯が点灯するのはレベライザーの故障が原因なのでレベライザーを交換します。

エンジンチェックランプはテスター診断でシリンダー2ミスファイアのエラーしか入っていないので、他の故障の併発も考慮して取り敢えず当店在庫の中古イグニッションコイルで様子見してもらいます(結果、後日チェックランプ再点灯でフューエルハイプレッシャーポンプ故障が判明し部品入荷後に預かることになりました)

ありがとうございました。

Read more

プジョー207がアイドリング不調でレッカー入庫しました。

テスター診断で、シリンダー2のミスファイアのエラーコードのみでしたのでイグニッションコイルを交換する事に。

 

 

 

 

 

スパークプラグは車検時に交換済みなので、お客様と相談のうえイグニッションコイルを4本同時交換します。

交換後にチェックランプリセットして、アイドリング、試運転共に問題ありませんでした。

ついでにオイル交換と一通り点検をさせて頂きました、その他は良好です。

ありがとうございました。

Read more

新規のお客様でプジョー308SWの点検修理依頼を頂きました。

まずはバッテリー警告灯が点灯しインフォメーションがでているとの事です。

 

 

 

 

 

バッテリーやオルタネーターに問題は無いので、いつものヒューズを確認すると切れていました、新品ヒューズを付けても電源を入れると切れます、タービン冷却用のウォーターポンプ故障のようです。

 

 

 

 

 

タービン下にあるポンプをホース2本と電源コネクタを外して交換します、交換後はヒューズは切れなくなりバッテリー警告灯も消えました。

次にエアコンの冷風が出ない症状です、お客様はバッテリー警告灯と関連しているのではと仰っていましたが関係ありませんでした、コンプレッサーに電源が来ていません、テスターで見るとサーモスタットのエラーコードが入っていました、交換していきます。

 

 

 

 

 

冷却水を抜いて、エアダクトやバッテリー廻りなど邪魔なものを外していきサーモスタットに辿り着きます。

 

 

 

 

 

いずれ水漏れをおこすデリバリーパイプと分岐ホースも同時交換します、車両側コネクターが4ピンタイプだと変換コネクターも必要です、元通り組み付けたら冷却水を入れエア抜きをします、交換後エアコンはしっかり効くようになりました。

 

 

 

 

 

あとは亀裂の入ったファンベルト交換と残量の無いリヤブレーキパッドは低ダストタイプに交換、タッチパネル不良のナビはメーカーに修理に出して治りました。

今後もメンテナンスなどお願いしますとの嬉しいお言葉を頂きました、こちらこそよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

Read more

プジョー508のパワーウインドウ修理です、こちらのお客様はネット検索から修理依頼を頂きました。

助手席のパワーウインドウ不良です、モーター音はするのでレギュレター故障ですね、部品はお客様持ち込みです。

 

 

 

 

 

内張りとインシュレーターを取り外します、ガラスが落ちないようにホースバンドと木片で固定してありました。

 

 

 

 

 

モーター周辺を見るとワイヤーが断線しているのが分かります、ナット3個で固定されているレギュレターを外します。

 

 

 

 

モーターのギア部分でワイヤーが絡まっています、樹脂製のギアは潰れていなく再利用できるので新しいレギュレターにモーターを付け替えます。

レギュレターを組み付けて動作確認をしたら内張りを戻してオート設定をして完了です。

ありがとうございました。

 

Read more

プジョー308のタイミングチェーンテンショナー交換です。

 

 

 

 

 

エンジン始動時のガラガラ音が出てきたのでチェーンテンショナーを交換してみます、エアダクト類とヘッドカバーを外してカムシャフトを固定してからテンショナーを外します。

 

 

 

 

 

テンショナーガスケットからのオイル漏れはありませんでした、対策品が二転三転するので現状付いている物が対策品かどうかわかりませんが新品より弱かったのは確かです。

とりあえず交換後はガラガラ音は鳴りませんでしたが、しばらく様子見して頂きます。

ありがとうございました。

Read more

プジョー308の修理などいろいろです、こちらのお車はは少し前に他店で購入されたようですが近所と言う事もあり当店に点検修理依頼を頂きました、メインはエンジンチェックランプ点灯と足廻りの異音修理です。

 

 

 

 

 

まずは足廻りの異音点検です、試運転してみるとフロント廻りからゴトゴトと結構な音がします、点検してみるとアッパーマウントのサポートブッシュが左右共に千切れて外れていました。

 

 

 

 

 

ワイパーとカウルトップカバーを外してワイパーリンクを少しずらせば交換できます、交換後の試運転では異音が消えてました。

 

 

 

 

 

次にチェックランプ点灯です、テスターに出た内容はアンダーブーストのエラーでした、ダクトやホース類を点検しても異常は無いので、取り敢えずダンプバルブを外して見るとブーツが破れて破損していました、中古部品に交換して試運転でも問題ありませんでした。

 

 

 

 

 

次に左テールレンズのほとんどが点灯しないと言う事で、いつものコネクター交換です。

 

 

 

 

 

テールを外したついでにバックランプバルブをLEDバルブに交換します、想像以上に明るくなりました。

 

 

 

 

 

バックカメラの取付けもご依頼頂きました、配線を取り廻してリヤバンパーは半分だけずらします。

 

 

 

 

 

バンパーの穴開けは、最近お気に入りのカーマで見つけたスパイラルステップドリルで開けます、穴の大きさの微調整が出来てホールソーより使いやすいです。

 

 

 

 

 

その他ヘッドライトバルブの交換やブレーキオイルリザーブタンクキャップ交換。

 

 

 

 

 

持込みのドアバイザー取付けなどしました、最後にガラスフィルム施工を業者さんにやってもらい完了です。

ありがとうございました。

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。