輸入車整備

希少車の1971年式アルファロメオ1750ベルリーナをプチレストア中!

エンジンは一発始動で調子よく外装やフレームも一部ヘタレも

ありますが、許容範囲内です。

シートの張替えやフロアマット、パネル、外装を修理していきます。

先ずは現状を確認する為、フロアカーペットや座席などすべて

取り外していきます。

 

 

トランクのパネルもはずしました。

 

前後部品をはずしたら錆の確認と防錆処理をするため

たがねとハンマーで地道にアンダーコートはがしをしていきます。

 

まだまだ気温は低いのでパリパリとはがしやすいです。

これが夏で気温が高いとガムみたいにネチャネチャで

アンダーコートをはがすのが困難になります。

 

ここまで約3日ほどかかりましたが、やれば何とかなるものです。

 

穴が開いてますが丸く穴が開いているところは水の抜け穴ですが、

細かく錆で穴が開いている箇所が何点かあります。

とりあえずは今はサンダーやベルトサンダーをかけて

錆やプラフサなど余分な塗料を

すべて剥ぎ取る事に集中しピカピカにします。

この作業時は鉄粉やほこりがすごいので防塵マスクは必須です。

後は作業時は削り貸すなど飛んで来るので保護メガネも必ず忘れずに!

こんな感じです。

ご安全に!

しかし、ここまででも大変な作業です。

この車の部品はすべて絶版です。

絶版車でも海外から再販部品やOEMで部品が

まだ存在しています。(仕入れるのにチョット大変)

アメリカや欧州など古い物を治して大事にし

より価値を上げて行く!これは欧米や欧州の文化でしょうね。

素晴らしいと思います。

(1930年代あたりの車も未だに現存し動いていますよね。)

古いものを捨ててきた日本車の方が逆に

大変かもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

Read more

フォルクスワーゲンの泣き所ルーフアンテナベースのグロメット破損!

Oリングが生きているので雨漏れはしませんが見た目が悪いので交換します。

お客様の持ち込みでOEM部品のアンテナベースASSYを交換です。

立体駐車場を使っているとの事でショートタイプのアンテナを付けました。

 

Read more

オイル交換でご来店頂きましたアルファ147です、こちらのお客様は当店で購入して頂いた車ではないのですが、

以前、輸入車のメンテナンスができる店をネットで調べて来てもらって以降のお付き合いです。

なめかかったドレンボルトも同時交換です、ありがとうございました。

他店でご購入のお車でも車検や整備などお気軽にご依頼ください!

Read more

ラージエター冷却水の漏れが酷くて緊急入庫となりましたアルファブレラです。

漏れの原因はヒーターホースの連結パイプの破損でした、ポッキリいってました。

水を補給しながら乗っていたみたいですが、補給が追い付かないほど漏れ出したので急ぎで入庫されました、状況を見る限り良い判断だったと思います。

残念なことに部品はメーカー欠品の為、本国オーダーとなり納期に時間が掛かるのでしばらく車は預かりとなります、気長にお待ちくださいませ。

Read more

VWゴルフⅤのオイルフィルターハウジングからオイル漏れの為パッキン交換です。

エアクリ、カバー、インマニを取り外しフィルターハウジングを外します。

たまにハウジングにクラックが入ってしまっている場合があるので良く確認します。

今回はハウジングは大丈夫だったので、エンジン側取付面をオイルストーンで慣らしてパッキン取替してハウジングを取付けます。

オイルレベルゲージファンネルは必ず折れるので同時交換します。

クーラントエア抜き&オイル漏れ確認で完了です、ありがとうございました。

 

 

Read more

車検で入庫のアルファ147、フロントワイパーがうまく可動しません、

これでは車検が通らないので修理します。

ワイパーアームとカバーを外せば見えてきます。

ワイパーリンクの樹脂部分がポッキリ折れています、現物修理も可能ですがだいたいあとで折れてしまうので予算の都合もあり中古部品に交換します(中古でもけっこういい値段・・・)

アルファ147ではあるあるな修理ですね、中古部品の在庫は少なめでした。

 

Read more

お客様の車両でアルファロメオジュリエッタのサービスサポートの一環でエアコンフィルター交換をします。

ジュリエッタのエアコンフィルターは運転席足元のカバーを外して交換します、ほとんどの車は助手席足元にあるので、久しぶりだと何も考えず助手席側のカバーを外して『あれっ?』となります(笑)

1年間使用でこの汚れです、これを見ると半年定期でも良いくらいに感じますね。

この時期は特に花粉症対策にもなりますので気になった方はお気軽にご依頼ください。

ジュリエッタのお客様、サービスサポート延長ありがとうございます!

Read more

スタッドレス→ノーマルへの交換依頼が増えてきました、さすがにもう雪は降らないでしょうかね?

愛知県の今シーズンは例年に比べれば降った方だと思いますが、それでも全国的に見れば少なかった気がします、車社会と言われる地方にとっては助かりますが・・・

ついでにオイル交換もご依頼頂きました、ありがとうございました。

Read more

ユーザー様から『プジョー207のロックナットソケットのピンが取れてしまいホイールナットが外せない』と問い合わせがありました。

シトロエンなどにも使われるこのタイプのロックナットソケットではよくある事です、当店ではできればノーマルボルトにする事をオススメしております。

写真は以前同じトラブルでソケットを修理した際の写真です、ピンの部分に同じ径の棒を溶接してもらいました、そしてボルトを取り外した後にノーマルボルトにしました。

この作業は友人の溶接職人にお願いしました、また写真右のボルト側がなめてしまうともっと厄介です、ナットツイスターが全く通用しないのでボルトの頭にボルトを溶接して外します、これがけっこう大変みたいです、ホイールが焼けないように慎重に溶接してくれました、職人技ですね。

友人の溶接工場のホームページも見てください、ブログが面白いですよ。

↓ ↓ ↓

若園製作所 ホームページ

Read more

キーレスの電池交換について、

よくお客様から『キーレスが効かなくなったから電池交換したいんだけどディーラー行けば良い?』と言われる事があります。

キーレスの電池は一部車種の充電式キーレスなどを除いてはだいたい自分で交換できます。

 

写真はフォルクスワーゲンのキーレスですが、マイナスドライバーなどを使って分解して電池交換します。

キーレスの電池はだいたいボタン電池を使ってます、CR2032とか品番が記載されていますので同じものに交換しましょう、ボタン電池はコンビニや百均でも購入できます。

ボタン電池にもプラスマイナスがあり、電池を外したところにプラスマークが記載されていますので要確認です、お客様から『電池交換したけど動かないから壊れたのかな?』と言われて見てみるとプラマイ逆だったりすることが良くあります(笑)

キーレス分解に自信がない方は無理せずご相談ください。

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。