春日井市ユーカーズ

ど~もこんばんわ!今日もかなり暑いですね。

暑い中ですが私も頑張っております。今日も一日頑張りましょう。

昨日のC3メンテナンスの続きですが、

エンジンオイルを交換しました。

ついでに半年以上前ですが、

オイル漏れを外から止める・ワコーズ・クイックフィックスを

エンジンオイルパンに使っていたところを確認してみました。

施工して半年以上は放置状態です。

結果は!

見ずらいですがエンジンの下側のオイルパンです。

エンジンオイルが結構漏れていたのですが、

半年以上立っていますが、今現在も漏れていません。

クイックフィックスは、オイルパンやヘッドカバーなどつなぎ目に

吹き付けてオイル漏れを止めてしまう便利なスプレーです。

このシトロエンC3はエンジンオイルパン事態、

簡単に脱着出来るのでパッキンや液状ガスケットの

うち替えなども容易です。

なので比較的安価でオイル漏れ修理が可能です。

しかし、一部の車種ですが、メンバーが邪魔で、

エンジンハンガーで釣り上げてメンバーを脱着しないと

オイルパンが外れない手ごわい車も結構あります。

当然、それなりに大変なので結構な工賃が発生します。

そんな時は、ダメもとでこのクイックフィックスを

使って試して見るのも良いといます。

ただし、漏れが酷かったり場所が悪いと施工出来ないので、

効果が全く無い事もあるので必ずご了承ください。

本来は、絶対にオイルパンを外し

キッチリ部品を交換し漏れ止め修理しないといけない

のですが、もうすぐ手放すとか、

車検で予算が無いのでとか事情は

色々とあると思います。

しかし、これは悪魔でも簡易的なものです。

先ほども言いましたが、効果が全く無い事もあるのでご了承下さい。

(あまりお勧めはしてませんが、予算が・・・的な時に試しに!)

そんな便利なものが、実はありそうでなかった的な寝装品の紹介でした!

Read more

今日も暑い中,

外でお仕事をしている方々、本当にお疲れ様です。

休憩しながら水分を取りながら今日も頑張って下さい。

今日はそんな猛暑の中、最近シフトショックが気になりだした

当社のレンタカー、シトロエンC3のATF交換をしました。

プジョー、シトロエンは共通の部品が多くこの癖のあるATも共通です。

 

AT(オートマチックトランスミッション)以下AT

ATF(オートマチックトランスミッションフルード)以下ATF

 

プジョー206など15年ぐらい前のATは、

滑りや変則ショック、変速しないなど定番でした。

当時からフランス車のATは道路事情にもよりますが、

あまり強くない部分でした。

最近のATは改善されていますが、

しかし、国産車も含めATのメンテナンスは重要です。

(国産車はほとんどがCVTでですのでATF交換は慎重に!)

走行距離が多くなってからの交換だと所説はありますが、

故障する危険があるのは確かですので

そんなことの無いように、新車時から定期的に交換をお勧めします。

このシトロエンは3万5千Kmの時に2回ほど交換しています。

ATFが抜けきらないので一度交換してから、

しばらく何日か走行して新しいオイルを全体に巡回させてから、

ミッションの下からオイルを交換する方法を取りました。

そして、今の走行距離は5万Kmになりました。

最近は多少変則に違和感があったので点検ついでにエンジンオイルと

ATFを一緒に交換することにしました。

左がATFのドレンボルト

右が油糧を確認するプラスチックドレン

 

左の写真はミッションオイルドレンです。

ミッションのドレンボルトだけ取っても

このようにオイルはほとんど抜けません!

ATFのドレンボルトを取ると中にATFの量を調整するプラスチック製の

ストロー状になったドレンがもう一本あります。

のぞきこまないとみえません。

2本とも写真の様な特殊な専用工具を使います。

星形、四角形、六角形などセットであると便利です。

力一杯しめたり緩めるときも気おつけないと舐めてしまいます。

 

 

左が古いATF!右が新しいATF!

前回交換から約2万Km走行でこの汚れです。

ワコーズのATプラスが在庫にあったので使ってみました。

(長期在庫で残ってましたが、ATプラスはモデルチェンジしています。)

 

新車時からだとどうでしょうか?

本当は新車は早い段階ですべての油脂関係は交換した方が良いのです。

最近は昔の車みたいに金属を削る技術が良くなって

エンジン、ピストン、ミッションなどクリアランスがきっちり

出ているので慣らし運転んがいらないとか、

オイル交換があまり必要はないとか一部ですが、

間違った話が伝わっているかも知れません。

実際、こうして見てみると一目瞭然です。

昔の車はATFは交換するのなら早い段階から定期的に交換するか、

しないならば、壊れるまで無交換のままでいてくれた方が

メーカとして保証が切れるのでリスクは少ないのです。

なので今でも間違った知識が浸透しています。

 

最後ですが、日本車のほとんどのATがCVTです。

間違った知識で交換すると故障の原因になります。

後はATFの交換時期はメーカで違いますので

交換の際は各メーカに問い合わせしてください。

古い車や走行距離が多い車など交換の際は

自己責任でお願いします。

 

Read more

車検で入庫のBMW1シリーズの車検整備です。

普段の整備はどちらかで行っているようで、リヤブレーキパッド交換とブレーキオイルの交換を承りました。

 

 

 

 

 

こちらのお客様は整備などの管理をきっちりされているようで車への愛情を随所に感じることができ嬉しく思いました。

遠い中、車検のご依頼頂きましてありがとうございました!

Read more

今日はBMW X3の車検の依頼でお預かりしています。

点検していたらテールのLEDが点灯しません。

これでは車検にとうりません。

LEDテールは結構な値段で部品代は53028円(税込み)になります。

輸入車に限らず国産や社外品も故障することが多い部品です。

LEDの寿命では無く断線や接触不良によるものが多いです。

以下の写真は点検と修理した内容を添付しております。

 

テールを外し基盤を取りだしました。

 

ミニブースターを使って電源を取ります。そして基盤や配線を検電!

 

電気は来ていますが、何かおかしい!あるところをツンツンすると!

LEDが点灯しました。と言う事は故障では無く接触不良っぽいです。

正解はR750と書いてある小さな部品です。

 

以前プジョーの社外ヘッドライトで同じ部品が焦げて交換した事があるので

これも同じ部品だったので間違いないと思われます。

見た目は焼け焦げた跡は無かったので、ツンツン押すとLEDが

点いたりが消えたりするのでハンダを盛る事にしました。

おじさんなので小さい近い所が見えにくいので

下手くそなハンダですいませんが、補強完了しました。

(恥ずかしいのであまり見ないように!)

オリャーとミニブースターを繋げたらOK!

正常に点灯しました!

後は組んですべて動作点検してOKでした!

今回はこれで修理出来ましたが、

経験的にわかった部分はありますので

このX3のLEDテールは他にも別の原因がある場合もあるので

これですべてのX3が絶対修理が出来る事はありません。

ブログを見ている方は勘違いしないように!

あくまでも1作業ですのでそのあたりはよろしくお願いします。

他の車種も同じような事例はあるので

何かあれば点検などしてみますので

ご相談下さい!

 

 

 

 

Read more

こんにちは、昨日はお休みをいただき

知多半島の海に行ってきました。

最近は、海よりプールの方が大変混雑しています。

私自身は、人混みが苦手、イラチ、せっかち、待てない、

自分勝手で最低な私はこんな事で海を選んで行きました。

写真はありませんが、知多半島に高速道路を走っていくと

阿久比PA(下り)大府PA(上り)が

リニュアルオープンとTVで報道して

いたのでついでに寄ってみました。

TVでも有名なパティシエの辻口博啓、イタリアンシェフ奥田政行、

賛否両論の店主 笠原将弘など3名が監修したお店が

PAに出来たとの事で寄ってみました。

笠原さんの賛否両論のお店は名古屋でも大変人気店の為

昼夜とも中々予約が取れないとの事です。

私自身、以前から昼の関西放送で料理の番組で

笠原さんはたまにTVで見た事があります。

TVでもあまりしゃべりませんが、ところどころ適当で

おもろい料理人のイメージで好きです。

笠原さんのお店は上り下りで料理の内容が違います。

海に行く前だったので下りの阿久比PAのおにぎり店にいきました。

大きなおにぎりで3個ほどいただきました。

(一人では食べれないほど大きいです。)

たかがおにぎり、されどおにぎり!

美味かった!

地元の食材と柔らかいおにぎりで良かったです。

ただ柔らかい握り(柔らか握りだから美味い!)

なので崩れやすいので注意が必要です。

何でもそうですが、シンプルだからこそ

美味くつくるのは難しいと勉強いたしました。

今回は近場の海でしたが、少し車で県外に出かけて

地元地域の料理や混雑しない川や海で遊ぶのも良いものですね。

もう一度ぐらいはどこか遊びに行ってきたいと思います。

 

前置きはそんなところで、ボンゴ部品取り付けが

中々進んでいませんが、途中経過を案内したいと思います。

ロールバー的なパイプを左右に溶接ではなく

ボルトで止めるよう加工取付しました。

(ここんところにハンガーが入るように立てパイプを取付します!)

作業着やワイシャツなど100枚以上掛けると

結構な重量がかかるので強度も確保する為、

二本のパイプを横に設置しました。後はお客さんの要望どうりに

天井ギリギリに立てパイプを取り付けて行くだけです。

ハンガーがひっかららず工場から車にストレスなく手早く載せ降ろしが

楽に簡単になるように、こんな感じのを取付したら終了です。

左右向きを変えたり多少の融通が利くように作っています。

時間は掛かっていますが試作品1号としては

いい出来になると思います。

私もクリーニング店の工場から出荷作業を見てきましたが、

庫のハンガーラックがあれば少しではありますが、楽に作業性があがり

社員さんやバイトさんの負担が減ると思います。

そういった仕事上のここがおかしいとかなどは、

社長も踏まえ社員さんやアルバイトさんの普段から

仕事や現場に入っている人が一番詳しいはずです。

普段からどうしたら良くなるのか、こんな時、どうすれば良いのか?

普段から考える癖が必要です。

子供の用に、何故、何故、どうしたら良い?

結果、こうなった!

私の子供達もそうですが、最近は賢い方が多いので

『考える前に先ずはやってみろ。』

と言いたいですが、私自身もこの事を言い聞かせ頑張っています。

まとまらない長文すいませんでした!

 

 

 

Read more

ユーザー様のプジョー207でABS警告灯と共にESP/ASR System faultyのエラー表示が出ます。

昔と違ってこの手の警告灯は現在の車検には通りませんし走行性能上の不安もありますので修理をオススメします。

 

 

 

 

 

テスター診断したところ定番のABSユニット故障でした。

 

 

 

 

 

場所が場所だけに雨水をかぶってサビでやられるパターンです、ユニット内部のサビはかなり酷かったです。

元通り組み付けてエア抜き後に試運転して完了です。

ありがとうございました。

Read more

車検で入庫の車のメーター内にあるDレンジの照明球が切れているので交換です。

 

 

 

 

 

Dレンジの照明が一番点灯時間が多いので切れやすいのです。

最近のメーターはLED照明が多いのでこういった作業も少なくなりました。

#自動車メータ球 #メーターバルブ交換 #メーター球LED #メーター球まめ球

Read more

車検でお預かりのバモス、リヤ側エンジンマウントが切れているので交換です。

 

 

 

 

 

交換はいたって簡単です、見落としやすい箇所なので注意します。

その他エンジンオイルやブレーキパッド、ワイパー等の交換を実施しました。

最近、ネットを見たお客様やご近所様など国産車でも新規の車検や修理をご依頼頂く事が多くなりました、他店でご購入のお車でも大歓迎です、お見積りからでもお気軽にご相談くださいませ。

ありがとうございました。

Read more

当店購入車のサービスサポートの実施と同時に運転席パワーウインドウ修理です。

 

 

 

 

 

パワーウインドウレギュレターは社外OEM部品を使用して安価に修理します。

多少の配線加工と取付ボルトの高さ調整で取り付け可能です、純正部品は高価なのこれで充分じゃないでしょうか?

以前、左リヤのドア内張りを張り替えたのですが他の箇所も剥がれてきたので張り替えを検討中との事でした、ご依頼お待ちしております!

ありがとうございました。

Read more

プジョー207でエアコンが効かなくなる症状です。

エンジン始動後しばらくはエアコン効きますが水温が上がり90°あたりになるとコンプレッサーが止まりぬる~い送風のみとなってしまいます。

よくあるサーモスタットハウジングASSY交換となりました。

 

 

 

 

 

今回の部品は別途コネクタ変換ハーネスが必要となりました。

サーモスタットハウジングASSY交換後にエア抜き、漏れ点検して試運転してエアコンがきちんと効く事を確認したら完了です。

ありがとうございました。

Read more
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。